FC2ブログ
ミカドをデビューさせましたが、正直無謀な事であることは承知しております。

餌付け水槽にそのままいた方が確実に長く飼える確率は高いでしょう。

本水槽には何倍も大きいチョウが乱舞しているし、精神的なストレスもこれまでとは比べ物にならないし、もともと混泳向きの魚ではない気もします。


しかし・・


どうしても本水槽で一緒に泳がせたいのですね、以前いたハナグロも一緒です・・

結局私のエゴになってしまうのですが


ただハナグロが餌付け水槽にいたとして、2年を越えられたか??
それはわかりません


私の飼育についての持論は、強すぎるストレスはアウトですが、ある程度のストレスはないと長期飼育出来ないと思っています。

ストレスに打ち勝つ為に体は活性化すると思うからです。

ですので好適環境水??では最初から長期飼育は出来ないと判断しています。




色々悩みながらデビューさせましたが、あれから6日が経ちました。


一時デビューさせた子達を追い回すスミツキ2、トノサマ、レモンチョウを隔離、1.5日程経過した後にもとに戻しました。


どうやら1.5日~2日程度が一番良さそうですね、半日や1日程度では効果がないし、3日も4日もおいておくと、今度は隔離した魚がいじめをうけてしまうからです。


ただ気の強い魚は2日おいても治らない事もあるので、その時は延長させるとうまく行くようです。
実際スミツキの片方が又追回しをはじめたので延長しました。


で現在の状況

DSC_0845.jpg

DSC_0836.jpg

DSC_0844.jpg

なんとか落ち着きました。


隠れる様子もなく、餌の時間にも一貯前に餌くれダンスをしています。


なぜか3匹が良く寄り添ってじゃれるような仕草をしています。
かわいいですね(^^)


スミツキは溶け込み安い性格で体力もあるので全く心配していませんが、ミカドとセグロはこれからが勝負です。

普通のセグロなら心配ないのですが、このセグロはちょっと食いが渋いので気を使います。

先住のデカセグロは食欲旺盛で飼いやすかったのですが、同じ魚種でも個体によりかなり違いますね


今工夫している事と言えば、ブロック餌を作る時にチビ達が食べやすいように細かい餌を混ぜる事と、ふやかす時間を少し長めにして柔らかくしています。

先ずはこれで数か月乗り切ってくれる事を祈ります。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://boruzoo.blog98.fc2.com/tb.php/491-12ff3315