FC2ブログ

今週日曜日、久しぶりに海に潜ってきました。


シーズンではないので何も持たずに水中カメラだけをぶら下げて海を散策

チョウの姿はナミチョウしかおらず、他のカラフルな魚と言えばキンチャクダイだけでしたね


ちょうど産卵のシーズンのようで、おなかのパンパンな成魚が数匹集まり乱舞していました。

今年もチビキンに会えるかもしれませんね
でも今年から3年は採取をしないと決めております。
数が減ったら大変ですからね、我が家にもいる事だし


去年採取したチビキンですが、ずいぶん大きくなり鮮やかなレーザービームも出てきました。

なかなかかわいいですよ、生意気な動きで


飼育に関して図鑑などでみると、優しい、と大概書いてあります。


果たしてどうか?


一番は温度ですね、温帯性なので夏場はクーラーが必要になります。

餌付きは、チビキンは簡単ですが、未成魚以上はかなり根気がいるように思います。


あと…一番気を使うのが
なんと白点病です。


キンチャクを飼うまでは、白点にかかりやすい順番はフエヤッコ、ナミチョウ、ミナミハタ、他のチョウ、と勝手に思っていたのですが、なんとフエヤッコの前にキンチャクがきました。


体にヌメリがなくガサガサだから白点が付きやすいのかもしれませんね


チョウよりヤッコがかかりやすいとは…

(苦笑)


我が家の無脊椎水槽のキンチャクは、いつも数粒白点がついてます
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://boruzoo.blog98.fc2.com/tb.php/27-10e03c64