ミカドらをデビューさせてから12日が経過しました。


スミツキは予想通り完全に馴染んでいます。


いきなり人工餌食うし、打たれ強い、ホンとにポリプ食?
と思ってしまいますね😅


ここへきてセグロが本領発揮と言う所でしょうか、ブロック餌に突進するし良く食い込むようになりました、もう大丈夫でしょう。


あとはミカド、小さな粒をちょこちょこ食べていますが、どうなんでしょうね


いまのところ背痩せもないし、動きもいいのでいけるかな?


と思いたいところですが、まだまだ油断は出来ません。






取りあえず様子見ですね




で本題ですが、餌付け水槽が久々に空いたので、ちょっとネットを散策してみると

なんとあれがいました。


ハナグロです(^^;


まてまて、まだ早いぞ、魚の状態もわからないし


と言い聞かせようとしたのですが、衝動買いをしてしまいました(汗)


値段1200円、送料980円?
送料と魚の値段があまり変わらないとは…



で、到着


してビックリ😨


ちぃ~せ~~


4センチないかも(汗)

海で見かけてもスルーするサイズ(泣)


しかも背肉すこし落ちてるし、お腹ぺっちゃんこ…


通販はやっぱり恐いですね


食べる体力があるのかビミョーな状態です。


今回は残念な結果になるかもしれません。


やってしまいました。

スポンサーサイト
ミカドをデビューさせましたが、正直無謀な事であることは承知しております。

餌付け水槽にそのままいた方が確実に長く飼える確率は高いでしょう。

本水槽には何倍も大きいチョウが乱舞しているし、精神的なストレスもこれまでとは比べ物にならないし、もともと混泳向きの魚ではない気もします。


しかし・・


どうしても本水槽で一緒に泳がせたいのですね、以前いたハナグロも一緒です・・

結局私のエゴになってしまうのですが


ただハナグロが餌付け水槽にいたとして、2年を越えられたか??
それはわかりません


私の飼育についての持論は、強すぎるストレスはアウトですが、ある程度のストレスはないと長期飼育出来ないと思っています。

ストレスに打ち勝つ為に体は活性化すると思うからです。

ですので好適環境水??では最初から長期飼育は出来ないと判断しています。




色々悩みながらデビューさせましたが、あれから6日が経ちました。


一時デビューさせた子達を追い回すスミツキ2、トノサマ、レモンチョウを隔離、1.5日程経過した後にもとに戻しました。


どうやら1.5日~2日程度が一番良さそうですね、半日や1日程度では効果がないし、3日も4日もおいておくと、今度は隔離した魚がいじめをうけてしまうからです。


ただ気の強い魚は2日おいても治らない事もあるので、その時は延長させるとうまく行くようです。
実際スミツキの片方が又追回しをはじめたので延長しました。


で現在の状況

DSC_0845.jpg

DSC_0836.jpg

DSC_0844.jpg

なんとか落ち着きました。


隠れる様子もなく、餌の時間にも一貯前に餌くれダンスをしています。


なぜか3匹が良く寄り添ってじゃれるような仕草をしています。
かわいいですね(^^)


スミツキは溶け込み安い性格で体力もあるので全く心配していませんが、ミカドとセグロはこれからが勝負です。

普通のセグロなら心配ないのですが、このセグロはちょっと食いが渋いので気を使います。

先住のデカセグロは食欲旺盛で飼いやすかったのですが、同じ魚種でも個体によりかなり違いますね


今工夫している事と言えば、ブロック餌を作る時にチビ達が食べやすいように細かい餌を混ぜる事と、ふやかす時間を少し長めにして柔らかくしています。

先ずはこれで数か月乗り切ってくれる事を祈ります。


ID:5nuxss

餌付け水槽に約半年いましたミカド・セグロ・スミツキを本水槽にデビューさせました。
狭い場所にいたせいかほとんど大きくなっておりません・・

自然にいたのなら10㎝程度にはなっているのかも?

デビューさせたら思った通り(^^;
レモンチョウがセグロを追い回す、ミカドをトノサマが追い回す、スミツキがスミツキを・・・


すぐさまいじめる魚を捕獲して餌付け水槽に待機させました。
半日や一日程度では収まらないので、とりあえず一昼夜そのままをキープすることに
DSC_0807.jpg

牢獄行きですね(笑)




本水槽にデビューした三匹はいじめる魚がいなくなったので意外と落ち着いている感じです(^^)

DSC_0805.jpg

ただ餌やりの時は大きな魚が右往左往するのでちょっとビビッているようで、角やフロー管の近くに流れてきた餌をちょびちょび食べている状況ですね

うまく馴染んで欲しいものです。
我が家で飼っているポリプ食と言われるチョウをあげてみると


ミスジチョウチョウウオ  (2年7か月)

スミツキトノサマダイ   (3年8か月)

トノサマダイ       (2年10ヶ月)

ツノハタタテダイ     (2年10ヶ月)


の4種になると思います。

ツノハタはポリプ?と少し疑問もありますが・・


ポリプ食と言えば餌付けが難しい、とか飼育が難しい、とか言われますが、ホントのところはどうなのでしょう。


正直私もこれまでは長期飼育をすることが出来ませんでした。
と言うか雑食チョウすら水槽の状態崩して長期飼育出来ていませんでしたね(汗・・・


振り返ってみると原因としてはシステムの不備でした、週1管理を余儀なくされていたのもあるし、長期的に濾過環境が変動しないものが必要だったのです。


極力閉鎖域、死水域を無くし、物理濾過で懸濁物質を極限まで濾過する物理濾過により、何年も濾過環境が変動しないシステムが完成しました。


勿論独自でその方向に行った訳で、他の方式でもとてもいい状態で飼われている方もいらっしゃるので、あくまでも自分なりのシステムです。

以前はポリプチョウの餌は雑食と同じでは駄目なのかも??
と言う疑念も持っていたのですが、スミツキ、ミスジチョウ辺りまでは人口餌だけでいけると思っています。

ハナグロについては2年弱で落としてしまったので、人口餌だけで飼えるとは断言できませんが・・


まだ今のポリプチョウ飼育期間が5年には達していませんけど、体型も綺麗だし、不調と思われる所が見当たりません。
20151004151114900.jpg



となるとポリプチョウがうまく飼えない原因は?
雑食は平気でもポリプチョウは2年を迎えるあたりから駄目になると言う方もいますけど、多分水質のレベルだと個人的には思っているところです。

ワンランク上の水質が必要なのかも?


自分の水槽に合った餌の量と換水頻度、換水量等をある程度数値化して掴む事が大事で、魚の顔色を観察しながら探っていくと良さそうです(^^)


偉そうに書きましたが、維持管理のサイクルを間違うと抜け出せない不調になることもありますから・・


最近出張生活から解放されたので、少しずつアクアテンションが上がってきました。

又ハナグロ飼育したいな~~と思っていますが、アクアギフトも閉鎖したみたいだし、田舎のショップにはスズメダイしか入荷していません(汗・・

今シーズンフィールドに現れたら速攻チャレンジしたいです。

今年の海は良さそう♪♪



20150814214807800.jpg
2016.04.12 携帯解約
アクアとは全く関係ないですが、先日携帯電話をdocomoからu-mobaileに変えました。

何故変えたかと言うと、とんでもなく電話料金が高いからです・・・
家内と二男と私の3台を契約していましたが、次男がギガ数を沢山使うのもあるのでしょうが、毎月4万円越え・・・

たまった物じゃありません・・・

もう20年程使っているので、最近の10年程でも500万は電話料払っています。
家が建ちますね・・・(苦笑)

いい加減安くなるだろう・・と思って待っていましたが、高くなるようなプランを次から次に出してくるので、どんどん負担が増えるばかり・・

カケホウダイとかありますが、実際掛け金の1/10も使っていないのが現状

という訳で乗り換える事にしました。

私のネット使用料の最高が4ギガだったので、5ギガで通話付きを選択したら月額1980円
家内はほとんど使わないので3ギガ、月額1480円

二人合わせても3460円、これまでの1/10以下になりました。
通話は30秒10円かかりますが、仕事の電話は0035で会社経由出来るので問題ありません。

次男はLTE使い放題で2980円に自分の名義で変えたようです。

端末もそのまま使えるし、電話番号も引き継げるので楽ちんでした。
機能的に劣ったり、通信がうまくいかなかったりしないか正直不安でなかなか踏ん切りつかなかったのですが、全く問題なし(^^)

一つだけ欠点?(欠点とも言えませんが)といえばdocomoメールが使えなくなることですね、でもyahooメールとか使えるので、アドレスが変わっただけと等しいです。


もっと早く変えれば良かったです。


それにしても解約するときのdocomoの対応は最悪でした。
もう20年程使っているのに、解約金を約1万円・・・・
ポイントも沢山たまっていたのですが、それも無効・・・

解約月と言う物があって、その月は解約料が発生しないと言う事ですが、3台解約して全部1年以上後に解約月が有りました。
一年以上これまでどおり払うと50万以上になるので、もちろん解約料を払った方が断然安いです。

次男の器種の支払いが残っていたのですが、割引がなくなるので月額4,000円ほど・・・二年払いなので、器種って96,000円もするの?


Uモバイルのお店にあった器種は同じように大画面で38日待ち受け出来ると言う優れものでも2万5000円程でした。

それぐらいなら二年に一回ほど買い替えたらバッチリですね(^^)
月額1042円です。

と言う訳で毎月の出費が3万以上減りました。


家内がずっと電話代で悩んでいたので、ほんと良かったです(^^)

小遣い10,000円から15,000円にならないかな~?(笑)

少しはアクアに使えるようになるかも?

20160228112158801.jpg
何度も書きますが海水やり始めて10年が経過しました。

今採集に行く!と言えばお目当てはチョウかヤッコあたりに限られるところですが、最初の頃はカワハギやギンポとか全くカラフルではない魚を採取していたものです。

もっとも海水やり始めたきっかけと言うのが、潮干狩りに子供たち連れて行ったときに、タイドプールにいたアミメハギとネズッポを持ち帰り、せっかくだから飼育しようと思ったのがきっかけでした。

もともと金魚やタナゴなんかはいつも飼っていたので、全然分野外ではなかったですけどね

それをきっかけに毎週のように海へ繰り出して、どんどん九州の南の方に足を運んでいるうちにハタタテダイやセグロ、トゲチョウ等と出会いどっぷりはまっていったわけですね(^^;


カワハギ等は飼育もかんたんだったのですが、カラフルな魚になるにつれどんどん飼育も難しくなっていきました。


沢山採ってもすぐに死なせてしまう・・・を繰り返して・・・

最近やっと、少しまともに飼えるようになったかな?と思っているところですが、採集についての考え方もいつの間にか変わっていきましたね

最初の頃は採れたら採れただけ欲張って持ち帰っていましたけど、今ではほんの数匹、全く持ち帰らないこともしばしば(苦笑)
一年生さんと採集に行くと、お互いそんな感じなので海を満喫して終わりみたいな事もよくあります。

水槽に余裕もないので飼える魚も限られるし、沢山持って帰ると水質が悪化して魚も傷むし餌付けもやりにくくなってしまいますからね、だから水槽のスペースが多いお仲間が同行するときはつい張り切ってしまうのです(笑)


時々ネット上でも、生簀いっぱいに魚入れた写真を見たりすると、そこにいる魚の運命はおよそ想像がつくので心が痛みます。

コツをつかむと案外数取れますから採取技術を自慢する必要はないし、やはり責任の持てる数を持ち帰るのが基本だと思います。


時間があるときはこんな事もやってます。

P6070259.jpg
クリーンビーチ、わずかでも綺麗になればと思い時々やっています。

今年はもっと回数増やしたいです。

せっかくなのでこれまで採取した一部の魚を紹介
PB030019.jpg

ミスジ、美しい♪我が家のミスジもやっとこれくらいになしましたね
一年生さん採取個体、ただこの個体は10か月程で落としてしまいました・・・

P9210443.jpg

スミツキ、毎年数えきれない程沢山います。

P9210447.jpg

カンムリベラ、数はすくないですね~
くまんちゅさんちへ里子
P9210441.jpg

ミゾレ、意外とレア物です、お店では格安?(^^;
どこにいったかな??

P9070385.jpg

モンツキ、じゃなかった、、え~~っと  ヒレナガハギ
どんなチョウよりも採取難しいですね(笑)
需要がなかったのでリリース

P1010461.jpg

ミズジペア、ペアの採取ってのが味噌、2匹とも粒餌に餌付けて里子へ出しました。

P6070264.jpg

海の様子です。なんともいえません(^^)



時々海に出没するおっさんです・・・・注意してください
P9070391.jpg


我が家に帰ってきました。 

今後はスポット的な出張はあるかも知れませんが、長期出張はない事を約束されています。


親の面倒は大変ですが、出勤前に庭を眺める余裕があります。 


と言っても全く手入れしていないので荒れ放題(^^;これから少しずつ綺麗にしていきたいと思っているところです。  


水槽の方はと言いますとそこそこ順調ですけど気がかりな事が・・・  


どうもフエヤッコの視力が落ちている、と言うか見えてない?


みたいな動きをするのです。


  以前とすると動きが緩慢になり、餌も探るようにして不器用に食べるし・・  何が原因かわからないので手を打つ事も出来ません。 


 すぐすぐどうこうと言う状態ではないものの心配ですね・・  


少しでも改善すればと思い、いえろーぴーこっくさんが以前おっしゃっていたクリルを餌に混ぜ込み、酪酸菌も混ぜ込んでみました。


食欲は少し上がっているようです。  


クリルは餌離れを恐れて粉砕して与えています。


  生餌さを数週間以上与えると、人工餌に餌付かせられる確率はどんどん下がっていきますが、一度人口餌に餌付いた後の餌離れはもっと深刻ですからね(^^; 


小鳥の場合もそうで、餌付いた後に虫等を与えすぎると二度と人口餌に戻せなくなっていました。 


魚類と鳥類、全く違うはずなのに、妙なところに共通点がありますね。  


餌付けの仕方とかも何故だか共通点があるように思います。

和鳥の場合は籠の回りを新聞紙や障子紙等で囲まないと絶対に餌付きません、逃げようと必死になって餌どころではなくなるようです。


 魚の場合も似たようなものなのかも知れませんね。  


さて、出張があけ毎日観察出来る事で、軌道修正が出来るのは本当に強みです。


しかし何年間も週一の観察でやってきたので、


少々の事で揺らぐ水槽ではない! 


みたいな油断も頭の片隅にあるような(苦笑)(^^;  


まだまだ今の生活がしっくりいかない感覚もありますが、今年は海にも沢山行きたいし、そのうち又ハナグロチョウ、ハクテンカタギ、オウギチョウの御三家も挑戦してみたい気もします。 


 先日長男と孫(小2)が久しぶりに遊びに来ました。


 子供にはどうかな?


と思いながら遊歩道のある三ノ宮峡に連れていってきましたが、11カ所もある手堀のトンネルに喜んではしゃいでくれました。 




どうやら私の遺伝子を受け継いだのか自然が好きなようです。 


 子供たちは大きくなってしまったので、いつかは孫連れてキャンプとか行きたいですね(^^)