上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08.30 原因は?
以前から気になっていることがあります。





kintyaku

写真では解りづらいかもですが、キンチャクダイの腹部の一部が少し膨らんでおります。


実は以前リリースしたサザナミも似たような体型になっていました。


素人解釈では、食べ過ぎによって脂肪肝?みたいな症状なのかな?


とか思っていますが、実際膨らんでいる部分か肝臓なのか特定出来ません。


魚の内臓の位置を示す写真を見てみても、アジとかになるので体型の全く違うキンチャクダイで置き換える事は難しいです。


ですのでいつもの当てずっぽで脂肪肝?と思っているところですね


どちらかと言うとチョウに合わせた餌を与えているし、以前の半端ない餌の量でそうなったのでしょう。


最近は少しずつではありますが、改善しているようにも感じております。


それにしても完璧な体型、体色で飼うのは至難の業ですね、人間そのものも完璧な体型を維持している人は一握りなのかもしれません。


文明から離れて、野生児みたく生活したら勝手にキリッとしまった体型になるのでしょう。


と考えると、水質を極める事が出来たら、次は運動出来る環境と餌なのかも知れませんね、ただそれ自体が長期飼育と直結はしないとは思いますが…


雀なんかを飼育すると普通に10年以上飼育できますが、野生では一年から二年程度と言われています。

天敵もいますし、それだけ厳しい環境で大きなストレスに体力をすり減らしながら耐え抜いているのかも知れません。


実際野生のチョウやヤッコがどれだけ生きているのかも気になるところです。


話変わって


今日は少し雨模様の中滝を見て来ました。


あまり人も来ないのかな?
みたいな場所でした。



遊歩道と言うより獣道みたいな所をひたすらてくてくと





到着👍





近場でしたがとても感動しました。

自然ていいですね🎵
スポンサーサイト
2015.08.22 美しい山道
今日は休み

嫁も休みだったので二人でドライブしました(^^)

ドライブと言っても近場なんですけど


暑い時期はどうしても山の中に行きたいと思ってしまいます。


沢の水は冷たくて、辺りが涼しくなるんですよね


こんな場所を通ってきました。




途中で湧水が出ている所があり、車を停めて水を触ると凄く冷たくて気持ちよかったです(^^)




嫁もはしゃいでおります。


上りつめると廃校になった学校がみえてきました。


今はキャンプ場になっているようですが、なんか懐かしい感じがしますね








少しの時間ですが楽しめました(^^)





天気も良かったので水槽の動画



涼しげです(^^)



2015.08.14 2015年採集♪
採集に行ってきました(^^)

一年生さんと前々から予定を立てていたのですが、なかなか予定が合わずやっと(^^;


今回はくまんちゅさんとこのブログに来られていたメバリングさんも参戦されました。


偶然一年生さんの近所だったらしく意気投合、海水仲間が近くにいるっていいですね~羨ましい


いつものごとく一年生さんは朝早くから、と言うか夜中に出て8時ほどには現地へ


燃えてます


私より一つ年下だからやっぱ若い


まぁ後3週間でまたタメになりますが(笑)




現地につくと直ぐにメバリングさんがご挨拶に、一年生さんは一本目潜って中休憩の模様


既にツノダシの小さいサイズと、トゲチョウをゲットされていました。



回りを見渡すと、海にはダイバー見習いみたいな若い女性達が沢山いました。


エントリーする場所がいつもより見習いダイバーさんよりへ…(爆)


水温チェック、27℃



何時間でも潜っていられる温度です(^^)



ユラユラ~と力なく海を散策



昨夜は採集前日なので酒は控えよう!


と思っていたのですが、いつものようにオクタマに叱られるまで飲んじまいました。


おかげで耳抜きは上手くいかず…



アルコールが抜けるにしたがって耳も抜けていきます。




散策してみると黄色系のトノ、スミツキは結構います。


珊瑚の間にはミカドやミスジの稚魚が





でもとてもじゃないですが手も足も出ない場所です(^^;

気長に追い込めばどうにかなるとはおもうのですが、そこまでは…



しばらくウロウロしているとなんと!



ツキチョウです。

ナミチョウとは全く違う明るい色で美しい。


採集しようかな~とも思いましたが、サイズが大きいので迷いながら…


気合いが入らないと取れるものも取れません。

結局撮っただけ(笑)






その後ここでは初めてみるサザナミ成魚発見






大きい、迫力です。



魚はいつもより少な目ですが、透明度もいいし長時間楽しめました(^^)


で、収穫は



スミツキ



トノ



ミカド、ミスジ



あともろもろ



一年生さん捕獲の極小ミカド(笑)
こんなの初めてみました(^^;




集合写真


目一杯遊びましたね~



最後に記念撮影




で、魚達のゆくへは?

メバリングさんへと、途中で一年生さんらが落ち合ってくまんちゅさんへ、私はシークエストの会長と途中落ち合って差し上げました。


私が持ち帰ったのは



海水と



会長にいただいた焼酎とソーメン(^^)


魚のお持ち帰りはありませんでしたが、とても楽しく充実した採集でした。


2015.08.10 餌の量は大事
週末水かえしました。

調子はなかなかいいしまだまだいけそうですが、悪くなる前にやったほうが安心ですので(^^)




相変わらず汚い水を水槽に放り込んでいます(笑)


と言っても左側のブラックボックスにある何枚もの不織布が濾し取ってくれるので問題ありません。


とにかく濾過能力が半端ないです。


水換え途中に上から写真を撮ってみると、キンチャクダイの模様がイレギュラーになりました(笑)


こんな模様もおしゃれですね😁



水換え完了!




管理が終わった後の水槽観察はいいものです🎵


魚達も気持ち良さそうに見えるし、スッキリした気持ちで眺められます。



そういえば先ほどの不織布の濾し取る粒はどこまでなの?


と言う疑問が前々からあったのですが、なんとなくこれで解決しました。



手帳にあった線の太さの表?


白点のシストの粒は0.5~1㎜程度と言われているので不織布は通過できません。

ならばセロントは?

0.03~0.05程とありますけれど

この手帳の線、0.05を見る限り不織布は通過できないでしょう。


と言う事は白点だけを考えると、殺菌灯と同じ機能がありそうですね、通過させるだけで効果があるので省エネだし、取りこぼしない優れものかもしれません。


ただ白点の場合は水槽の下面や角にシストがこびりついて破裂し、循環する前に魚にとりつくものもいるので、殺菌灯り等だけで治す事はできません。


それは不織布でも一緒になりますが、虫を減らす事は可能ですね、予防や軽減には使えるかも?


と言いながら、白点に困る事はないのでそれに頼る気持ちはさらさらありません。


さすがに10年以上もやってたら白点が出ないなんて当たり前ですよね(^^;


ただ濾し取った後の透明度は抜群なので、このシステムはとても気に入っています。


物理濾過を搭載しなくても凄くいい状態を維持されている方もいらっしゃいますので、人それぞれのシステムがあるとおもうのですが、今の私の好みとしては極度な物理濾過搭載システムになっています。


そういえばハナグロを失って最近は餌の量を極端に減らす事を試していました。


ハナグロは絶えず餌を食べているので、なるべく沢山食べれるように1日三回、さらに餌の量も遊び食い出来る程与えていました。


それをずっと続けていたのですが、濾過は追い付いているものの水の痛みは早いし、魚達の肌艶やヒレの状態も今一つでした。


ですので最低2週間に一度は水換えしないと厳しいかな?みたいな状況


ところが今の餌やり、量は半分、朝だけにしたところ


心配した痩せもなく、水の痛みはホントに感じません。

肌艶やヒレもバッチリ


半年位いける?みたいな(笑)


ひょっとしたらハナグロもそんな餌やりでいけたのかな?


と疑問視したいる所ですが、水槽の餌やりってとても大切なんだな~とつくづく思っているところです。


ですので出張中も安心して仕事が出来ます(^^)


追伸

ミニ畑に植えたスイカに実がつきました🙆




可愛いでしょ(^^)
食べれる位大きくなったら嬉しいな



それから昨日誕生日でした。


我が家の近くの工場に異国の女の子達が働きに来ているのですが、わざわざ手作りのケーキを作って祝ってくれました。



素直ないい子達です。


忘れてしまった優しさを思い出した気がしました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。