上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07.31 飼えてなんぼ
飼えてなんぼ

いよいよ来週から出張が始まります。
今回は二年、またも週一管理になりますね(^^;

ただ今回は以前試行錯誤しながらシステム改良し、それがある程度うまく行ったことや、管理方法が大分確立してきたので、一週間不安な日々を送る出張ではなくなるかもしれません。

出張中、ブログは海水魚のついて唯一の楽しみになります。
水槽を眺める事は出来ないので、携帯の画像を見たり、飼育についていろいろ考えて記事を書いてみたりと
寂しいですが・・(苦笑)

一時期(ほんの数か月前)閉鎖しようとも随分考えたのですが、なんとかだましだましやってきました。

閉鎖しようと思っていたのはブログが逆にストレスになっていたからです。
たいした実力もないのに上から目線で意味不明な屁理屈をこねるコメントが続くようになり、その時は我慢して対応したもののイライラはつのるばかり・・・

『え~い、やめてしまおう!』

と何度も考えました。


でもやめてしまったら・・・???でダラダラと(^^;


何事も続けるのは大事なことですよね
最近更新が多かったのも破れかぶれみたいなものもあったのかも知れません。


という訳で来週から二年間、いまいる魚達を健全に飼育する努力をしながら又時々日記みたいなものを書いていきたいと思います。

いまのメンバーを見ますと

結構いますね、過密気味です(^^;

カクレクマノミ
(購入物)
我が家の長老で8年強
出張先の小さな熱帯魚屋で買いました。
いまもずっと産卵しているのですが、孵化させる試みをしていません(^^;
以前一年生さんの孵化の記事を書いた時に、 ブリード = 金儲け? みたいな曲がりきったコメントをする信じられない輩もいましたので、孵化させるのも注意が必要と感じました。

ミスジリュウキュウスズメダイ
(頂き物)
唯一名前があります。
その名もスグル(笑)キンニクマンに似ているからかも?
まめくまさんが海水をやめると言う事で引き取りました。
我が家に来て5年程、その前に5年は飼育していらしたので10年越え、ホントはこっちが長老ですね(^^;

セグロチョウ
(採取物)
いつものフィールドで採取したもので、今では水槽内のボス的存在に
セグロは餌付きにくいと聞く事もありますが、これまでは苦労した経験がありません。
どうしてなのか汚い漁港に多いですね、病気にも強くて飼いやすい魚だと思います。
fc2_2013-09-07_21-34-51-905.jpg

スミツキチョウ
(採取物)
餌付けはほとんどいらない程餌付きやすいいし、性格も穏やかで飼いやすい魚だと思います。
ただ少しレベルの高い水質が必要なのかもしれません。
採取はしやすいほうですね(^^)
fc2_2013-09-21_20-05-53-544.jpg

トノサマダイ
(採取物)
いきなり人口餌を食べるものが半分はいるかも?
性格はスミツキよりちょっと強いかな?でも問題になるような強さではないと思います。
同じく水質は少し気をつかいますね
採取はサンゴに隠れやすくスミツキよりほんのちょっとしづらいと思います。

チョウハン
(頂き物)
宮崎Kさんから10㎝程の物をいただいたもので、しばらく馴染めずに心配しましたが完全に落ちつきました。
浅場にいることが多いですね、タイドプールにも良く居て採取はしやすいほうだと思います。
餌付きは少しコツがいるほうでしょう。
もちろん即食いもおりますが(^^;
ナミチョウと似てヒネが起こりやすく、我が家のも少しヒネています。
大きくなって乱暴者に変身するものもいるようです。

スダレチョウ
(購入魚)
餌付けもいらない、体力もあり性格もそこそこ穏やかで上品な色合いもありとてもいい魚だと思います。
未採取、採取試みはありますが、入り組んだところにチョロチョロと逃げ込まれ完敗(^^;
体調不良も重なり断念しました。

フエヤッコ
(購入魚)
とても好奇心が強くて餌にも良く反応し餌付きやすい魚だと思います。
飾りサンゴの奥まったところに餌を置いているとついばむ事が多いです(^^)
採取は意外と手こずりますね、賢い逃げ方をします。
コツをつかめば簡単ですけど(^^)
餌付きやすいですが、輸入されたものは餌止めによる影響なのか、食べはじめてもなかなか本来の勢いがでないまま落ちることも多いように思います。
体力の分岐点を過ぎていると持ち直しにくいのかもしれません。
購入するときのサイズは大きければ大きい程いいと思っています。


キンチャクダイ
(採取物)
チビキンの時に採取して大きくなりました。
小さいころの動きがとてもかわいい魚で、大きくなると生意気になります(笑)
チビとデカはすぐに餌付きますが、ミドルはなかなか餌付かない変わった魚ですね
30℃以上が長く続くと厳しいです。
fc2_2013-09-21_20-03-47-847.jpg


ツノハタ
(採取物)
餌付きも良くて飼いやすいが少し性格がきついかも?
輸送に弱い面があり、水質が落ちるとウーデニューム等に罹りやすい傾向にあるようです。
ハタ系全般そんなかも?
採取は場所によっては簡単、でも入り組んだところが大好きでそんなところでは手こずります。
fc2_2013-08-17_17-28-39-051.jpg

アミチョウ
(採取物)
採取はチビサイズが多いですが、チビを本水槽に入れていると岩陰に見え隠れしながらいつの間にか大きくなっています。
セグロに体質にているかも?タフですね。
警戒色が強く出る個体、出ない個体がいるようで、我が家のは超警戒色がでています。
残念・・・・(笑)

採取はチョウの中では一番取りにくい魚だと思います。
サンゴや石の陰に隠れて出てこないことがしばしば、石を持ち上げると持ち上げた石にくっついていたりと見上げた根性もっている魚ですね(笑)

ミスジチョウ
(採取物)
餌付けはメンバーの中で少々難しい部類かも?
食べるようになっても食い込みがあがらない事が多いように思います。
我が家のも今でも餌を選びながら食べていますね
しかし色合いが素晴らしく大好きな魚です。

レモンチョウ
(購入魚)
送ってきた時にバケツの中で人口餌上げたらパクッと食べました。
初飼育でしたが体質も強そう、性格も(笑)
アミ程ないですが警戒色強いですね、成魚になった時に頭にでる青色が魅力的で今後に期待


ながなが書きましたが、このメンバーを出張開けるまで維持出来たらと思います。

終わり






スポンサーサイト


海水の熱帯魚を飼う水温は何度がいいのだろう。

一般的に聞いたりするのは25℃程度、ですがもっともいいのは?

と考えると難しいですね。


 我が家は現在26℃~27℃を維持しております。

それくらいが活性もよくていいのでは?

みたいなところですね、我が家のチョウはほとんど採取ものや近海のものばかりなので、海に潜ったときに魚が一番沢山乱舞している温度に合わせている次第です。  


以前は荒っぽい事をやっていました。


 魚水槽にクーラーはいらない、と言う考えだったので夏は30℃、冬は底冷えするので温度を上げるのが大変だし、外にストックしているポリタンクとの温度差をなるべくなくしたいと20℃程で飼育していました。 


かなりの無理を魚に強いていましたね、かわいそうな事をしていました。 


今の住居を自作(二度としたくない・・(^^;))してからは断熱材をこれでもか!!

と言う位駆使したので、部屋用のエアコンで温度管理出来るようになり、安定した水温で飼うスタイルになった訳です。 


でいったい水温の上限・下限はどれくらい?


 以前、冬場に20℃で飼っていたときに、ヒーターが追い付かなくて18℃まで下がったことがありました。 


で魚の様子は? 

といいますと

そこまで下がると餌食いが著しく低下してきました。 

ですので18℃もしくはそれ以上ないと飼育出来ない事が判断出来ると思います。


  ならば上限は? 


これはヒーターの故障で体験しました。


仕事から帰ると、シマキンチャクフグ、ハナダイが気絶しています。 

 えっ・・・???? 


しばらくパニック・・ 


水槽に手を入れた瞬間


オーマイグァッー 



熱い・・ 水温37℃、もはや風呂場の温度です。 


直ぐにヒーターのコンセントを抜き、急いで扇風機を当てながら水温を下げました。 


 魚達はひん死か???? 


しかし不思議な事にチョウ全般は特に変わった様子もなく悠々と泳いでいます。


 こいつらひょっとしたら温泉でも大丈夫?みたいな(^^;  


と言う事は、白点虫は34℃位で活動停止するようなので、37℃に上げてやったら死滅するかも?と馬鹿げた事を想像(笑)  


ですので18℃以上、37℃までは一時的なら近海のチョウならば大丈夫と言えるでしょう。 


 しかし長期的に飼う適正温度は?と疑問が残るのですが、個人的には上記したように海で乱舞する事が多い26℃程度を考えております。


何度も何度も海に潜った時に魚達が一番乱舞していたと感じた温度です。



 しかしながら理論上超長期飼育!

を目指したいならばもっと低い水温の方がいいのかも?とも思いますが・・ 


人の場合も統計的には基礎体温が低い人の方が長生きする傾向にあるようです。

代謝をなるべく抑える方が細胞の分裂、細胞を傷つけるフリーラジカルの生成においても少なくなり結果燃費のいい生き方が出来るのではないか?

細胞も分裂の回数が限られているので長生き出来る要素になり得るのかもしれません。

と良く知らないなかで何となく思っているのですが、逆に病気のリスクは増えるようですね、ガン等にかかる確率は上がるようで、基礎体温が高いと免疫機能が活発、温度が下がる毎に免疫力は落ちるようです。

 子供の頃、腹を冷やすな!と言われた経験があるとお思いますが、こちらは腸内の酵素の働きが温度の低下により鈍くなり、消化不良を起こす原因になるようです。

 また腸内環境と免疫機能は密接に関係するようなので、やはり体温を下げると良くない事も起きるのではないか?と雰囲気で考えています(^^;


以前夏は30℃、冬は20℃で飼育していた時に、水温が下がってくると、数匹謎の腹部の膨満、便秘による☆を経験しました。 

はっきりとはわかりませんが、魚の腸内の酵素の活性が落ちる。腸の蠕動運動が鈍くなる。 

みたいな理由でこうなったのか?と半信半疑ですが自分なりに考えているところです。これも本当のところはわかりません。

 あまり詳しくない知識のなかでいろいろ考えてみましたが、私は超長期飼育よりは、活性の高い飼育をしたいので、現在の飼育温度を試しているところです。   


これこそ何年も飼育してみないとわからないので、経過をみていきたいと思います。  


いつも学のない妄想、あてずっぽうですみません(^^;



連休ですがなかなか天気がスッキリしませんね~

海に行きたいところですが、もうちょっと待ってコンディションが整ってから行きたいと思います。

唯でさえ海は危険性が高いので、少しでも状況が悪かったら我慢するのが賢明でしょう。


中には台風が来ている南の島に飛び込んで行く勇者もいるようですが…(^^;

モラルがないにも程があります。


今回はお盆に長男が帰ってくるというので、時間があったらキャンプでもしたいな、と思って現地を下見してきました。

ずいぶん雨が降りましたが





いい状況で安心しました(^^)

水が冷たくて気持ちいいので川に浸かってみました。

携帯が防水なので水面ギリギリで川底を撮影(笑)




子供の頃良く落書きに使っていた実がありました。



懐かしいですね(^^)



水槽の状態は?

といいますと、取り敢えず変わらずを維持しているようです。




海水やり始めて10年を越えました。
ブログも4年越えですね、国語は電信柱、他はアヒルさん、図工だけ5だったような私がブログやるなんて・・と思っていましたけどいつの間にか4年も経過していました。

飼育に関しては最初見よう見まねでやりながら、次々とアレンジを繰り返してきました。
今思うととんでもなく危険な事を真面目な顔してやっていましたね・・無知とは恐ろしいものです(^^;

ブログを少し振り返ってみると、ここ4年間の中でも飼育に関する考え等は随分変わりました。

全く逆の考えになったものも

今の考えが正解かどうかはわかりませんが、ある程度水槽は安定しているのであながち間違いではないのかもしれません。


試行錯誤の連続だったので、システムの変更、餌にこだわったり、治療に関しても様々な事を試してきました。

餌のこだわりはおしかりをうけたのでモチベーションが下がって今はやっておりませんが・・(笑)

治療で記憶に新しいのは硫化水素中毒の鉄共沈法による治療ですね、一撃で治ったのは驚きだったし、命を救えた事に安堵しました。
硫化水素を出してしまった事がそもそもの間違いですが、万が一の時に対処できる事を知りえた事は今後の為にはなると思います。

先日一年生さんと話をしたのですが、一年生さんの考案したヤクルトでのビブリオ治療も今では一般的になってきましたね、でも最初にそれをやった一年生さんは凄いと感心いたします。

そういった発見、システムにこだわりいろいろとアレンジする事はとても楽しいものです。
最初から完成したシステムならばリスクも少なくうまく飼える確率は上がるのでしょうけど、自分なりに考えたシステムを少しずつ改良しながら構築していくのは、この趣味の醍醐味なのかもしれません。
特に自作が大好きなので作るのも楽しいし、自分で作ったシステムがうまく回ったときの満足感は計り知れません。

完成したシステムと言う物を販売し、言うとおりの飼育をしていれば病気知らずで飼えます。

みたいなものもあるようですが、個人的には一番楽しい部分がなくなるので無理ですね(^^;

もちろん人それぞれなのでそっちのほうがいいと思う人もいるとは思いますけど・・・


仕事もそうですが、苦労したものには勝てません
長い期間蓄積してきたことは、いつの間にかしっかりと身についてくるものだと思っています。

以前と比べるとゆっくりですが、今後も自分なりのアレンジを繰り返して魚達が気持ちよく住める環境を追及していきたいと思います。

20150705170757511.jpg


全然違う追伸ですが

嫁が夕日が綺麗よ♪
と言うので見に行ったら、本当に綺麗な夕日でした。

自然は美しいですね




今日はソコソコの天気、なかなかスッキリしない感じですが海に行ってきました。


海水の汲み置きもそこついているのでもう限界ですね(^^;


朝早く一年生さんに連絡をとると電話に出ません…


数時間後に電話がありました(笑)


どうやら昨夜飲み会があってうまい酒が飲めたみたいです(^^)


本来ならいつもの場所にドボンしたかったのですが、時化もはいっているし近場の海に入ってみました。


一年生さんと時間を決めて約束したあと海へ直行、ところが…最近の雨続きのせいか私のルートが土砂崩れか何かで通行止め…

山越えを強いられて30分程遅刻しました。

一年生さん遅れてすみません😣💦⤵


海を見ると少し濁り気味ですがなんとかなる範囲ですね

ピチピチのウェットスーツを無理やり来て海へドボン!!

リクエストは?と一年生さんに尋ねると、メバリングさんと言うお方へお土産の話がありました。


リクエストとしてはトノ、スミツキ等のチョウだったのですが探せど探せどチョウはいません。


もともとチョウは少ない場所ですがトノぐらいは普通み見かける所です、やはりちょっと時期が早いみたいですね


何かいないものか?


と思いながら散策してみるとハナダイを発見♪

なかなか可愛いですね(^^)




我が家には入れる場所がないので一年生さんに献上しました(笑)


私のお土産はこれ(笑)




亀の手です(^^;


一年生さんに騙されたと思って食べてみ~~~

と言って摂り始めたのですが、二人とも亀の手の採掘に没頭(笑)


血が騒ぎました(爆)


たらふく採って帰宅


嫁にゆでてもらうと、あまりのうまさに嫁と息子が食べつくしました。

私はちょびっと…


一年生さん、うまかった?



追伸

そういえば最近健康診断がありました。

?0歳の大台に乗るので今回はいつもより検診項目が多く、肺活量の検査も受けたわけですが、その値に検診される看護師さんがビックリされていました。

『何かされていたのですか?』

と言われるので

???と思いながらも『筋トレ?でですかね・・』

と答えたのですが、本当のところはシュノーケリングで鍛えられたのでしょうね、肺活量が多い事で有利な事があるのかは分かりませんけど、遊びながら鍛えられるのでいい趣味ですね(^^)

昨日海に入ってみて思ったのですが、キンチャクダイのポッコリお腹が数多く見受けられました。
今年はチビキンが多いかも?

楽しみですね(^^)
激突したフエ君、なんとか復活しました。





しかしながら、かっしぃさんの記事を見ると吻の部分を痛めると長生きしないと言う事でした。

不安になりますがなってしまった事は仕方ないですね(^^;

とにかく長生きしてくれる事を願います。


最近雨ばかりで嫌になります、一年生さんと海に行く計画をたてていたのですが、今回は断念しました。

せっかく行くなら海水も汲みたいし、綺麗なキラキラ✨の海に入りたいですから


ですので家に大人しく😊


今日は水換えなしで不織布の交換だけです。

手入れ時間30秒(笑)



《庭の様子》

2週間程前にホテイアオイを貰ったのでビオトープに入れていたのですが、綺麗な花が咲くんですね~♪

葉っぱの雰囲気とは違う可憐な花でした。





三年程前に植えた大秋柿の実も今年はたくさん(^^)



台風にやられないなら今年は食べられそうです。

楽しみですね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。