上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.06.27 激突!?
数日前フエが逆さまに泳いでいました。


むむむ…


背鰭を逆立ててるし、目も逝ってます…

背鰭を逆立てているときはかなりヤバいんですよね、フエの場合は


一体どうして?


と考えていると、どうも夜カーテンを閉めた時に、魚達が驚いてジタバタしたような気が…

ひょっとしたら激突したのかもしれません。


餌をやると、欲しがるものの目も見えないのか餌にありつけません。


……………


これは重症です(*_*)


助からないかも?


朝と仕事帰りにドキドキしながら水槽を覗き込むと、逆さまになったまま(T-T)



ところが好転しました。
昨夜から少しずつ良くなる兆しが見えて餌も食べられるように♪


まだまだ余談を許しませんが、良くなりつつあるのでホッとしています。


今日は控えめに25%程度の水換えを


3週間ぶりですかね(^^;

スポンサーサイト





久しぶりに工作してみました。


と言っても大して頑張ってない工作ですが(^^;

とりあえず試験的なので簡単な作りです。


これ(笑)




以前かっしぃさんと対話をしたときに、水をたたきつけることで硝酸塩をばっ気させる事が出来ると教えていただきました。

かっしぃさんのシステムの場合は、ばっ気槽で配管から水面をたたきつけるように勢いよく水を噴射する構造となっているようです。

しかし我が家はばっ気槽がない…


システム経路の途中にばっ気槽を設けるスペースも取れそうにないので、ポンプ室に置ける物をと思いこんな型にしました。


ポンプ室は水位が変動するし、水面をたたきつける距離が変わるので、噴射した水同士を衝突させる事にしたのです。


その方が衝撃も倍になるのでは?
車の正面衝突みたいなものですね、衝撃が強くなるかも

みたいな期待もあります。


製作時間20分?(^^;
自作とはちょっと言いがたい品物ですが(笑)


で試運転



思ったより衝撃が少ないです…
ポンプが小さいのもあるのかな?


とりあえず水槽に置いてみました。




むむむ、試運転よりいい感じ♪
楊程が低くなった事もあるようですね

たたきつけられた水が水面に落ちると、微細な泡が発生しています。

スキマーの泡より小さい泡が出来ますね


そう言えばこのばっ気、スキマーで良さそうな気もしますが、かっしぃさんの話では全く別物だそうです。


という訳で設置前と設置後の硝酸塩の値を測定

となるはずですが、なんと試薬が又もダメになっていました(苦笑)


とりあえずいつも10前後なので、気が向いて試薬を買った時に計測してみようと思います。


あ~残念…

2015.06.13 プチ断食
プチ断食

以前から餌にこだわり、いろんな物を配合したりしてきました。
足りないかもしれない栄養素、腸内細菌になるのではなかろうか?というものとか・・・
それにハナグロがいるときは飢餓状態を作らないように、餌の量をやっと食べつくすくらいに定めて一日3回与えていました。

結局落としてしまったのですが、ハナグロ・タキゲンがいなくなってから、今は一日2回に減らし、量も瞬時に食べつくす程度に変えています。

現状みてみますと、その方が水も安定していますし、痩せも出てきていません。

そろそろ出張に出なければならない時期に近づいて来たので、その方が安心して週末を迎えられる事でしょう。


で、最近もう一歩考えていることがあります。

プチ断食(^^;

週に1日程度餌を与えない日を作ってみようと言うものですね

なぜわざわざ??

と考える人もいると思うのですが、乳酸菌や栄養素を与えてきましたけど、それより絶えず餌の消化に追われている消化器官を休めてやろう、と考えたのです。

自然界で見る魚達は絶えずちょろちょろと動きながら餌を食べていますが、実際ドカ食いはしてないのでは?

と思っています。

ポリプチョウに的をおいて考えると、自分の餌になるサンゴに守られながら生活しているので、断食なんてしないのでしょうけど(^^;

ただ水槽内では本来食べているものとは違うものを、満腹になるまで食べる状況ですので、時々消化器官をリセットすることはいい方向に向くのではないか?

と思った次第です。


かなり前になりますが、嫁のおやじが鳥のひなをどこからか取ってきて養っていました。
ヒナは餌を与えるサインを送ると一斉に大きな口を開けます。
困ったことに満腹になっていても、サインを送ると又口を開けてしまいます。

しかしそれをやり続けるとヒナは弱っていくのですね、消化が間に合わないのでしょう。

鳥のヒナの場合は二時間に一回満腹になるまでがベストですね、一日7回

野性の鳥は多分もっと長い間隔をおいているのかもしれません。
大雨で親鳥が餌を取れない時は、丸一日食べられない時もあるでしょうから

まぁ鳥と魚は違うとは思いますがそんな発想です(^^;


人間の場合も時々断食をして消化器官を休ませることはとても良いそうです。

と言いながらも、いつもあてずっぽうで飼育していますので絶対にマネしないでください(笑)


餌欲しさに右往左往している我が家の魚達です。

今日は2週間ぶり?

に水換えをしました。


我が家は硝酸塩は少なめだとは思うのですが、太陽光照明の為かコケが凄いです。

とても水換え前の写真はお見せできません(^^;

と言いながら前回の記事の写真ではコケだらけの水槽の写真を掲載しましたが(笑)

我が家はメラミンスポンジで掃除しますが、これは本当に良くおちますね(^^)

普通に水を回しながらゴシゴシ、一時的に濁りますが物理濾過を通るとすぐにピカピカになります。


で、汲み置きした海水をポンプでチョロチョロと入れていきます。

これが汲み置きの水(笑)


かなり汚ないです。

まともな人ならこれは水槽にいれたくないと思います(爆)


すると物理濾過のウールは?




もう恐ろしい程に…

しばらく回してからウール(不織布)を取り替えるのですが、8枚敷いた不織布の一番下はこんな状態



ほとんど汚れていません。

まっさらの状態に近いかも?
不織布の目の細かさがわかりますね

なんとも頼もしい不織布です(笑)





話変わって、昨日嫁と天使の水公園に行って来ました。

行って来たと言っても自宅から5分のとこですが(^^;


菖蒲が2万本も植えてあるそうです。





いろんな種類があるんですね~


とても良かったです♪


負けじと我が家のビオトープ






たくさん咲きました(^^)

美しい♪


そういえば最近カエルがビオトープでゲコゲコ鳴いていたのですが、おたまじゃくしが数え切れない程生まれていました。

ちょっと気味悪いぐらい(汗)

ただ藻を食ってくれるかも?

と密かに期待しています。
今日の水槽です。



調子は前回から特に変わった事はないように思っています。


で、写真中央のチョウ、最近ちょっとだけ貫禄が出てきたような?


と言ってもメンバーの中では小さいほうですが…(^^;




でもだいぶ色合いがしっかりしてきたんですよね

これからかな、黄金色になってくるのは(^^)




もうすぐ二年生ですが、大人になりつつあるような雰囲気を見せてくれます。




以前シークエストの先輩が、ミスジを人工餌だけで四年飼われた時の美しさは驚きでした。

とにかく体が黄金に輝いていて


ほしぃ~~…


喉から手が…(笑)


つるんとした体で卵の形がなんとも言えません。


数ヶ月前に硫化水素中毒であわや…でしたが、鉄共沈法により一撃で回復したのは幸いでしたね、とにかく環境を安定させて黄金の魚に育て上げたいです🎵

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。