上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.28 産卵(^^;
今日は休みだったので、水槽の掃除、少しだけ換水をしてみました。

水槽内面についた苔をスポンジでゴシゴシしていると、体当たりしてくる魚が…


むむむ…


何だろう?


と見るとカクレクマノミでした。
今まではそんな事なかったのに、なぜ?


ひょっとして……産卵??


と思い良く見ると、壁の所に赤いものが……(^^;



…………………


ごめんけど、ここで稚魚をすくいだすのは困難(;o;)


ここには15匹のチョウにヤッコ3匹、スズメダイ1匹がいます。





次は小水槽を用意するから、今回はごめんなさい<(_ _*)>
... 続きを読む
スポンサーサイト
我が家のハナグロ君、一年と1ヶ月になりました。



ハナグロ飼育は難しい…



と言われる事がありますが、果たしてどうでしょう。



前回の動画を見ていただけたら分かると思いますが、人工餌をバクバク食べて食欲満点です。



体質も意外と強くて、一度馴染んでしまえばフエヤッコやタキゲンより安定した状態を維持しやすいように感じています。


もちろん今のハナが4代目なのですが、全て人工餌に餌付いたものの、これまで長期飼育出来ていないのは間違いありませんが…



フエヤッコって飼ってる人少ないですよね、私としては独特のスタイルで可愛い仕草、とても安価と言う事で必ずメンバーに加えたい魚です。



飼育書やネットで調べると、非常に丈夫で餌付き易く飼いやすいと書かれているのがほとんどですね、しかしながら私もしてはメンバーの中では気を使う魚であるのは間違いありません。



ですので我が家の水槽の調子バロメーターはフエヤッコとタキゲンを見ながら調整しているのが現状です。



その結果、なかなか上手く飼えなかったスミツキやミスジ等に関しても、今のところ良い状態を維持出来ているのではないでしょうか



以前はスミツキやトノ等のポリプ食は餌をそれ専用に改良しなければ飼えないのか??


と思っていたのですが、現在はオトヒメのみを与えていますし、状態も抜群






何が長期飼育出来ない原因だったのか?






と言いますと


どうやら水質でした。


レベルの高い水質を維持出来たら、人工餌だけでも状態良く飼えると言うのがわかりました。



ただ、気をつけないといけないのは、餌の種類よりも餌の量



少ないと痩せるし、多すぎると水質がガクンと落ちて皮膚病や白点等にかかりやすくなるように感じています。



まぁ、まだまだそこ一年強のデータなので、これから経過を見ながら立証して行きたいと思います。



今日は土曜日ですが休みでした(^^)


久しぶりに気合いを入れて掃除をして、ついでに若干の換水

すっきりしましたね~

餌食いもなかなか良さそうです。





体調も大分回復してきましたので、今夜は酒飲みながら眺めたいと思います。
2014.09.18 眼底骨折
私、眼底骨折しました(笑)


と言うのも、先週の土曜日に人吉市内に同僚や下請けさんと飲みにいったよですが、仕上げのラーメン屋さんを出た後に数人の若い男と思われる連中にいきなり左目を殴られて、意識もえろう、そのあと更に左目を3発、右目1発、側頭部2発、頭頂部2発程殴られてしまいました。

全身血だらけで救急車で運ばれる始末(*_*;

左目の破裂はまぬがれたものの、眼底骨折、左目はほとんど見えません…


ですので、病院の先生に聞いて見ないとわかりませんが、今季の素潜り採集は無理かも(T_T)


顔の左半分はしびれて感覚ないし、偉い目に合いました。


病院代も保険すら効かなそうなので、踏んだり蹴ったりですね(苦笑)


恐ろしい世の中になったものです。
今日は久しぶりに大量換水してみました。


標準的には二週に30%程度の換水をしているのですが、今回は魚の状態を見ると、それだけでは物足りない感じがしたので約65%程度の換水をしてみました。

換水を始めると、魚達は賢いので

「気持ちいい水に換えてもらえる♪」

みたいな様子で、逃げるどころかはしゃいでいるようにも見えます(^^)



可愛いですね~♪

で換水終了(^^)



換水した後に眺める水槽は格別です。

「長い事痛みかけた水に入れててごめんな~」


と、そんな事やってる時に、今の仕事場でお世話になっているHさんから電話が

Hさんが魚釣りにいっておられるのは知っていたので、もしかして魚のお土産♪♪♪(^^)


あつかましいですな(笑)


そしたら…



やっぱり(^^)


こんな立派な魚を持って来てくださいました♪




写真では伝わらないかもですが、物凄くでっかいです♪


刺身がうまそう(^^)


Hさんありがとうございましたー!
2014.09.08 電気代0の照明
前回は補助照明で撮影しましたので、今回は電気代0のメイン照明で撮影してみました。




やっぱメイン照明は見やすいですね~
明るいでしょ?


電気代0ですが…


そうです。

ただの太陽光です(^^;


我が家は住まいも自作なので、水槽部屋は太陽光が入るように屋根をポリカで作っているのです。


ですから昼間は太陽光のみ、夜間の観賞、観察用にLEDを搭載している感じですね


貧乏アクアリストには打ってつけの太陽光ですが、果たして魚に対する効果、悪影響?はどうなのか?


ネットで徘徊しますと、強すぎる照明は魚の色焼けがあるとか、いろんな意見があるようです。


実際我が家の場合は太陽光をポリカ二重を透してあてているので、直接と比べると紫外線は大幅カットされているし、海の中に注ぐ光と似通った部分もあるのかな?

と素人考えで思ってみたりするのですが(^^;


実際どうなんでしょう?


前回採取したスミツキと、二年生のスミツキを比べると、遜色ない色を維持しているようにおもったのですが、できれば採取したてのフエヤッコやハナグロを入れて見比べてみたいものです。

今週は土日も休みなしです。

タダ働きですがいたし方ありません(^^;


でも今日は豪雨の為3時過ぎに断念し帰宅しました。
土方殺すにゃ刃物はいらぬ、雨が3日も降ればいい

とそんな言葉が昔あったような?

外での仕事は天候に左右されます


帰ってから田んぼの草刈りをしようともかんがえたのですが、雨がつよいので、あきらめ水換えすることに(笑)


というか、水換えサインも出ていたのでそそくさ実行


水換えサイン?
最近は水質も計りません(^^;

ある魚の状態で判断しています。


それは何かと 言いますと、タキゲンロクダイです。

我が家に来てから恐ろしい程成長して巨大になったのですが、どうもデリケートな部分もあり、水換えの頻度が落ちると真っ先に肌の状態に表れるのです。


キンチャクダイも弱いと思っていましたが、タキゲンロクダイのほうがもっと弱い印象ですね、大変ですが、おかげで水質の分岐点を素早く知ることが出来て助かる部分もありますね


まずは水槽についた海苔なんかを取りながら清掃します。

もちろん魚入れっぱ、水はあり得ないくらい濁ります(^^;




で、ポリカンに汲み置きしていた海水を



物凄く濁っていますね、こんな海水で水換えを(笑)

とは言うものの、我が家の物理濾過は微細な粒も濾し取ってくれるので一度通過するだけですぐにピカピカになってくれますね


水換え終了(^^)


夜はあまり撮影しないのですが、LEDの灯りでギラギラしています。


見にくいですが、水槽の状況です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。