上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出張先から帰宅しました。

戻るなり水槽へダッシュ!!







YouTubeで「今日の水槽(11月30日)」を見ませんか

調子はなかなか(^^)
一安心しました。

1週間の長かった事長かった事^^;

もう二度とこんな思いはしたくないものです。

今日は配管のチェックと水換えのみ、大人しくしていたいと思います(笑)


しかし…新しい水槽を買ってしまった…
正月休みにセットしようかな?^^;


ランキングに参加しました(^^)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

ポチッ♪お願いします(^^)
スポンサーサイト
お騒がせしました^^;


お気遣いいただきありがとうございました。


実は先週末、何かとバタバタで魚の観察もままならず・・

バタバタとは水槽の事

いらぬことをしてしまいえらい事になりました・・(^^;)

濾過能力を高めようと配管経路を変更したのですが


夜中に



ズズ・・ズズズ・・

ズズ・・  


じぇじぇじぇ・・ぇぇ・・・





ポンプからエアーを吸う音が(滝汗・・・)


すぐに飛び起きてみると滞水現象によりポンプが干上がっていました。




しばらくフリーズ・・


……………




ボタン長押しのムリヤリ再起動…
(くぅぅ~ぅっ)


葛藤の末に、泣く泣く夜中に配管を元に変更・・(うげ~~・・)

配管の変更が終わったかと思ったら時間ギレ~


そのまま出張先へ

・ ・・・・


出張先についてからも、うまく水槽回っているかな???

又干上がってはしねぇ~か。。。。。


とか心配やら脱力感で叫んでしまいました。



やはり時間の余裕がないときにシステムいじってはダメですね、痛感しました。

反省m(__)m



気を取り直して、本題に

前回の記事で餌にこだわる!

と書きましたが、少々餌の配合と言うか、ふやかし方を変えてみました。


で、その後の経過としては?


むむむ・・なかなかいいんじゃ??

なんとなく餌食いが良くなったのでは


以前の餌食い



最新のもの


ねっ、なんか魚の活性が上がったような気がしません?


気のせい?(笑)


それとコケが減った、と言うか衰退して来ているのを実感しているのです。


以前はスキマーに少しずつではあるのものの、コケがはえて来ていたのですが、最近はコケがちぎれたようになり衰退しているように見えるんですよね


餌食いも良いしコケもへった、良いことづくめじゃ?♪


とまあ今の所短期的に見ると今回は成功したような感触です。


けれども、こう言う事は長期的な経過を見ないとなんとも言えない所がありまして…

最初は良さそうでも、長い目でみるとプラス面はあるが、致命的な欠点がある場合もあるんですよね・・


と言う訳でしばらく長期的な経過を見て行きたいと思います。


しかしながらいつまでたっても何かいじくり回しています。


以前からネット上で見かけた情報も、実際自分の水槽でやって見ないと気がすまないし、ホント失敗も数え切れないほど・・


長期飼育目指すならあんまり誉めたもんじゃ無いんですよね^^;


でももっといい状態で飼育したい!

と言う気持ちがいつもあって歯止めが効かない…^^;


終わりなき戦いになるのでしょうが、いろいろとアレンジ、チャレンジ出来るから飽きっぽい私が約9年弱続いているのかもしれませんね。


それにしても…
後3日、水槽大丈夫かな?

又元に戻ってる…

(苦笑)
L(゚□゚)」オーマイガ!
午後から嫁とドライブに行ってきました。


当地には隠れ里の湯と言う山んなかの温泉があるのですが、モミジが綺麗だと言う噂を嫁が聴いてきたので行ってみました。


県道から山道をくねくねと

看板からひたすら行きましたが、なかなかつきません^^;

道間違えたかな?

と思う位くねくね道が続き、なんとか目的地へ♪

こんな山奥に?

と思う場所に温泉があり、何やらお店みたいなものも(^^)




結局温泉には入らずに景色だけを(^^)

噂通りモミジ綺麗でしたね~♪










あっ、これは我が家のツワブキです(笑)



そう言えばいつもの水槽の状況

YouTubeで「今日の水槽(11月17日)」を見ませんか

ミカドは餌付け水槽に戻しました。

あと餌を手渡しで与えてみました。

ハナグロが食ってくれないかな?
と思ったのですが、ミスジやチェルモン、タキゲンくらいしか食ってくれませんね^^;

今日も雨^^;

週末はなぜか雨が多いですね

最近サンゴ水槽を縮小し、スペースが空いたので餌付け、及び飼育も兼ねた水槽を立ち上げました。


本当は450のキューブが欲しかったのですが、 持ってないので600の水槽を縦置きにして置く事に^^;


濾過について以前の餌付け水槽同様に内部式にしてみました。

コンパクトだし、水漏れ等の事故も起こらないし、メンテナンスも楽なのでなかなかいいと思っています。

見掛けは良くないですけどね(笑)


オールインワン水槽なるものもあるようですが、メンテナンスがかなりしにくいのでは?
と思います。


午後から予定があるので慌てて濾過槽を作成

廃品利用だし、急いで作ったので見掛けは悪いです。


でも機能は変わらないので、まぁいいか^^;

センターパイプは当然つけます。
これがあるとないとじゃ全然違うんですよね


セットしてこんな感じです。





さて、何を入れようかな?
今日は宮崎シークエストの師匠が我が家に来られました。

飼育歴何十年のS師匠とi師匠2人

用件としては、一年生さんからいただいたカクレクマノミを取りにこられたのですが、水槽を見るなり

「状態がいい~~」

の一言

大先輩方に誉められると嬉しいですね(^^)

あと「粒餌をバクバク食べるハナグロも初めて見た」

とも言っておられました。

なかなか飼育仲間に見られる機会はありませんが、嬉はずかしってな感じです^^;


で水槽の状況



ハナグロは肉厚もあり餌食い良好でいい状態です。

しかしミカドは食べても食べても太れません。
ちょっと長期飼育は難しいのかも?

変化が現れたのはタキゲンロクダイ、背中の色が薄茶色と言うかなんとも言えない色に変わりました。

とにかく味わいのある色です。

頑張って採取して良かった~♪

と思いますね(^^)
2013.11.09 餌にこだわる
出張に出ていると色々と不利な点が出てきます。

箇条書きにしてみますと

1. 水漏れ等があったらどうにもならない(誰も対処出来ないので全滅する確率大!)

2. ヒーターの故障があったら全滅!


3. 魚の状況を全く見られないので、病気等が発生した場合は対処が遅れるし、治療も1日に限られるのでまともな治療は出来ない


等々いろんな障害が出てきます。

もう延べ5年以上出張に出ていますが、ここ最近出張期間中発生したアクシデントは、ビブリオと思われる病気でチェルモン、タウンゼントを落としてしまいました。

早期に発見出来て、まともな治療が来ればどうにかなったと思われる病気も、一週間放置している水槽ではなかなか復活させるのは難しくなってしまいます。

何年も我が家にいた愛着ある愛魚をなくしてしまうことに・・
ホント出張は嫌な事ばかりですね(泣)


で、その後は順調そうにしていましたが、最近ドタバタ劇がありました。

きっかけはタキゲンロクダイの白点です。

長いこと悪化するような白点はなかったし、ちらほら白点があっても自然に治癒、又は平行線みたいな状態でした。

ところがタキゲンロクダイは極端に白点に弱いのか、新入りで環境に馴染んでいないのか

なかなか白点が治まらずに粒の数が増えて行き、ちょっとヤバイかな?状態に・・

一週間家にいないために、白点を治める方法としては底比重等に絞られてしまいます。

比重を1.014程度まで下げて一週間様子を見ることに

で一週間後

かなりタキゲンロクダイも回復しています。
しかし・・もうひと押しかな?

みたいな感触

で底比重をもう一週間継続してみる事に

一週間後

タキゲンロクダイ完璧に治っております。



ところが!!



フエヤッコが瀕死の状態・・
肌はガサガサでもちろん餌も全く食わない状態、3匹が3匹同じ症状です。

しかしこの症状は3年程前にも経験があり、治療方法は自己流ですがわかっていました。
3年前の疾患したフエ



イソジンを1リットルあたり2滴入れた飼育水に約4時間程度薬浴、その後腸内細菌を復活させる為と思い、シュードモナスを大量に入れた飼育水に5時間程薬浴させました。

他のチョウは調子いいのにフエヤッコだけ・・

これで確信したことは、フエヤッコは底比重の環境では飼育出来ないのです。
3年前の同じ症状の底比重での治療後だったと記憶します。

もしかするとフエヤッコだけが持っている特有の腸内細菌か、皮膚の常在菌が底比重に弱くバランスを崩したのか?

やっぱり体質?とか考えますが、真相はわかりません。

しかし何かが合わないのでしょう。


治療と並行して本水槽の比重は通常に戻すことに

本当は数日かけて戻したいところですが、1日しか家にはいないので1日で徐々に戻してみました。

ところが・・夕方餌を与えてみるとハナグロが出てきません・・

(;_;)(;_;)(;_;)・・

あくる日は夜明け前に家を出るので確認することなく出張先へ

昼間嫁に電話してみると


「岩の中から出てこないよ・・」



じっ・・・・・えんど・・・・・・・・・・



ところが

夕方嫁から電話があり

「バクバク食べ始めたよ」

だって^^;

そうとう焦りましたが、とりあえず希望がみえてきたような??

と言う事件があったのです。




今回のドタバタ劇の発端はタキゲンロクダイの白点からでした。

もうすぐ飼育歴も10年になってしまいますが、いまだに白点は嫌ですね~


魚体から離れたトーモントが水槽内を這い回る姿を見た方はいらっしゃるでしょうか?

朝方白点が付いている魚を黒っぽい底の水槽等に隔離して、白点が落ちた後見てみてください。

魚体についていた白点虫がモゾモゾと数時間這い回る姿を確認することが出来ます。


「水槽の環境の異常を教えてくれて、白点虫よありがとう」

とか

「我が家の魚は白点虫が移動出来ない事を知っていて、体につけて移動してやってます。優しい子です」

とか言うアクアリストさんもいらっしゃいますが、私は到底そんな気にはなれません

あのモゾモゾとおぞましい姿、又数時間這い回るので多分数メートル移動出来ると思います。

2m位の水槽であれば隅から隅に動き回れるのです。


良くウーデニュームと白点の区別がつかないと言う記事を見かけますが、隔離してモゾモゾがいるか、いないかで確実にわかると思います。


でフエヤッコが底比重に弱い事が分かりました。

今後はどうするか
我が家のシステムには殺菌灯は無し、もちろんオゾナイザーもありません。

あるのはタンク

巨大物理濾過


濾過槽



プロテインスキマーのみとなります。

これだけのシステムですが、タキゲンロクダイが入るまでは白点が酷くなることもなく安定して飼育が出来ていました。


一度馴染んだのでタキゲンロクダイももう大丈夫でしょう。

しかし対策は考えておかなければなりません


この単純なシステムでも硝酸塩5~10ppm程度を維持しております。
どんなに換水を怠っても25ppmを越える事はありません。
餌やりは半端ないのですが^^;

しかし海水バランスが崩れるので定期的な換水は行っています。

還元するシステムを導入している訳でもなく、濾過槽は極限まで好気にしている状態
どこかでバランスが取れているのでしょうね

特大のサンゴ片が効いているのかもしれません。

と言う訳で水質、溶存酸素量共に申し分ない水槽だと自負しております。


で、我が家のシステムで白点を減らしてくれる物と言えば物理濾過だけです。

うまい具合にフロー管を通過してくれた白点虫は不織布で濾し取ってくれることでしょう。
しかしながら水槽内に這いつくばってしがみついている憎っくき白点虫もかなりいると思うので、そこがネックになりますね

後は魚の免疫機能を上げることしか思いつきません


水質もよし、しかしあれもこれも欲しくなる性格なので過密によるストレス^^;はある。

あとは改善する項目と言えば餌ですね

チョウチョウウオも餌にサンゴを食べさせているとなかなか白点にはならないものです。
それだけ消化吸収が良くて体力も維持出来るのでしょう。

人に置き換えてみても、食生活とは健康と密接に関係しているのは言うまでもありません。

と言う事は餌を改善すればいい!



長々書きましたが、今後は餌にこだわってみたいと考えています。

2013.11.04 突然の不調…
秋ですね~

と言う訳で今日は嫁と紅葉見て来ました。

現地につくまでにも紅葉の見られそうな林をひた走りますが、そのような気配なし…

やっぱ早すぎ?

と思いかけたのですが、ちゃんと見れましたね~♪








なんとも美しいです♪


で本題です^^;

今週末帰って見て愛魚達に餌を与えてみると、なかなかの餌食いで問題なさそう。

肌艶もバッチリ、ヒレの濁りもなし安心出来る水槽でした。

ところが…

よく見ると岩影に大人しくしている個体あり

一体何でしょう…

スミツキです。

ポリプチョウチョウウオの部類ですが、1年越えると体調崩す事が多いと聞く事があります。


ぇ~、あんなに調子良かったのに~


一年生さんも話していましたが一年越える時期に現れると言っていました。


でもまだまだ体はふくよかだし、何とかならないか?

と思いながら餌をちょっと一工夫、与えてみると


取り合えず食べてくれました。


でもまだまだ余談は許しません

週末が又怖くなりますね^^;
採集に行ってきました(^^)

多分今年最後になるでしょう。

台風の連続でなかなか行けずにいたのですが、やっとのことで…みたいな^^;

しかしあいにくの雨…
ついてないですね~^^;

雨の中参戦したのは筋金入りの海バカ二人です(笑)

到着すると一年生さんは既に到着してウエットスーツにお着替え

「遅刻~!!」と雄叫びをあげてきました(笑)

つくなり海水汲み♪
一年生さんも手伝ってくれてあっと言う間に300リットル、いつものことながらとにかく綺麗な水でしたね

「この水で全換水したら奴ら喜ぶだろうな~♪」

って思います(^^)


すぐさま海へドボン♪

透明度まぁまぁ、水温22℃、なかなか冷たいです^^;

魚はいくぶん少な目かな?とおもいましたがそこそこいますね

サイズも随分大きくなってペアで泳ぐ姿があちこちに見られます。


で成果は


ゴマ、実は二週程前に一年生さんが取り逃がしたものだそうです(^^)



ミカド、こんなに大きいミカドは初めてみました。



ミスジペア



ツノハタ、他トノサマダイスミツキ等もでした。

所がお互いに採ってやってるつもりでしたが、我が家はもう超満杯で一匹もいりません、一年生さんちも満杯でゴマだけお持ち帰り^^;

結局他はリリースすることになりました。


でもなかなか楽しい潜り納めでしたね

「来年もくるからな~♪」

みたいな^^;

最後に記念撮影
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。