2013.06.29 あれから5週間
前回から5週間が過ぎました。

禁酒と筋トレ、朝のウォーキング
継続中です。

前々回


で前回


で今回


う~ん
なかなか進展しません…

身長177、体重80キロ、体脂肪率14%

まぁ禁酒前は体重86キロ、体脂肪率28%でしたけどね^^;

気持ち的には腹筋バッキバキにしてみたいところですが、トレーニングの使用重量が頭打ちになってきたし、筋量増やさないとどうにもならないので最近カロリー制限をゆるくしました。

と言うか食えるだけ食っているかも?^^;

脂肪の増加は仕方ないですが、今後はバルクアップに専念してみたいと思っています^^;
スポンサーサイト
2013.06.29 私の餌付け法
私の餌付け法

現在行ってるor思っている餌付け方法を独断と偏見で(^^;)


① 冷凍アサリの開き→ ②アサリの殻に混合餌→ ③アサリの殻に人工餌→ ④人工餌


これが一般的でありふれた餌付け法だと思います。

がしかしこの餌付け法で私の経験ではうまくいった試しがありません・・
どこが一番うまくいかないかというと
③→④ですね

アサリの殻に餌をつけて水槽に落とすと
ゆらゆらしながらもズドーン!と一気に落ちて行きますが、魚達はそのズドーン!と落ちてくるものを餌だと認識するような傾向にあるようです。
ところが④はどうか?
沈降性の餌でもフワフワとしか落ちませんよね
なのでなかなか興味を示してくれないのです。

でどうするか?

② アサリの殻に混合餌の後→ 混合餌のブロックを与えてみます。

ブロックというのはどっちみち粘り気のある混合餌をブロック状にして冷凍したものです。
薄い板状に冷凍して、適当な大きさに折ったものをやればいいわけですね

今度はアサリの殻がないので、フワフワまではいかなくても比較的緩やかに落ちていきますし、生餌の割合が多いこの段階のほうが楽に移行が出来ます 。

その後に人工餌の割合を徐々に増やしていく訳ですが、ブロックの大きさ自由に調節出来るので、どんどん小さくしていって違和感なく粒餌に移行する等アレンジもできますね。


簡単に書くと
① 冷凍アサリの開き→ ②アサリの殻に混合餌→ ③混合餌のブロック→ ④人工餌のみ
となる訳けです。


冷凍アサリに食いつかない時はどうするか?
私の場合は生アサリを開いたものを与えています。
ビールと一緒でやっぱり生の方が美味しいようですね(^^)

生アサリを食べない時は?
ポリプ食の場合はサンゴからいくしかないように思っています。
サンゴのカケラを食べさせて、共肉がなくなる前に生アサリを薄く伸ばしサンゴのカケラに巻きつけて食べさせます。

これでハナグロなど100%アサリに食いつきました。


チェルモン等の場合はアサリよりブラインのほうに食いつき安い傾向にあると思います。
ここで言っておきますと、アサリからの餌付けのほうが私感では後後食い込み関係もいいのでアサリを経由します。

ブラインの与え方としては水で溶いてスポイトで水槽に入れるやり方だと思いますが、それに人工餌など混ぜて与えてもまず食べません。
彼らは目や味覚が鋭く選んでしまうので・・

そこでどうするか
ブラインを冷凍したブロックの状態でそのまま与えます。
それにすぐ反応するようになったらブラインにアサリを刻んだものを混ぜ合わせてブロックを作ります。

後はブラインを無くしていき、人工餌を足していくと言うやり方です。
私の場合4匹チェルモンを餌付けしましたが、初代はこのやりかたでした。
4匹共全部餌付き最長4年 最短10ヶ月でしたが・・^^;
長期飼育は今後の課題です。

魚種別に行きますと

チェルモン
① 冷凍アサリの開き(殻は半身でいい、期間約1週間)→ ②アサリの殻に混合餌(期間1日~1週間、最初はアサリみじん切り)→ ③混合餌のブロック→ ④人工餌のみ
となりますかね
アサリに食いつかない場合
① ブライン(溶かしたものから冷凍ブロックへ)→ ②ブラインとアサリのみじん切りのブロック→ ③あさりと混合餌のブロック→ ④人工餌のみ

ミスジの場合
① 冷凍アサリの開き(殻は半身でいい、期間約1週間)→ ②アサリの殻に混合餌(期間1日~1週間、アサリは練り込み)→ ③混合餌のブロック→ ④人工餌のみ

トノ、スミツキ
② 冷凍アサリの開き(殻は半身でいい、1日)→ ②アサリの殻に混合餌(期間1~3日、アサリは練り込み)→ ③混合餌のブロック→ ④人工餌のみ

となるでしょうか

ながなが書きましたが現在はこのように思っています。
また変わっていくかもしれませんが^^;

あくまでも独断と偏見です。

2013.06.23 最終段階へ
ちびっこチェルモン君今週も元気でした。

それにずいぶん大きくなっています。


そこで刻みアサリから、すりこぎでどろどろにしたものでオトヒメS2をふやかして固め冷凍したものに変更

この段階になったらフエとスダレも参加させてもいいかな?

て訳で同居させてみました。




なかなかいい感じです(^^)


ブロック餌は次第にバラバラになって粒になるので勝手に粒も意識してくれるようになると思います。



こんな感じ


取り敢えずうまく
いきそうです。


話変わって一年生さんのコメントで水槽イン濾過槽の話があったので組んだ時の画像を



スペースに入りきれなかったので水槽をちょんぎった時の画像です。


で濾過槽を作った時のもの



組んだ画像



この時は外がけで回していましたが、流量が足りない感じだったので現在は小型の水中ポンプに変更しております。


濾材の量は約6%、餌も生餌から粒餌まで底に溜まる程与えていますがびくともしません。


これ程優れたシステムになろうとは、予想外でした。

本水槽より安定してるかも^^;
2013.06.17 次の段階へ
通販ちびっこチェルモン君元気でした。

アサリを入れたら突進してきます。


アサリを食わせて1週間、この1週間てのがベストですね

2日間だけとか言うのもありますが、早すぎる移行は食い込みが悪くなるので、本水槽にデビューしても又餌付け水槽や隔離水槽に収容となるパターンが多く見受けられます。

ステップアップとしてアサリから混合餌へ移行しました。

アサリをみじん切りして粒餌を混ぜ合わせる餌に変更ですね

すぐに突進してきて食べました。

ここで大事なのはみじん切りですね、いきなりすりこぎですって練り込むと食べてくれない事があります。





念のためアサリの殻につけてみましたがアサリの殻なしでも食べるようですね



話し変わってビオトープのスイレンが咲きました。






美しいですね(^^)


そう言えば、ずいぶん前にアカネキンチャクの話題を書いていましたが、どうやら普通のキンチャクになりました。

ちょっと後ろのほうが黒いかな?
って感じです^^;

お騒がせしました。



我が家のシンボルがいなくなって数ヵ月、とうとう我慢出来ずに買いました。


しかも通販で^^;


到着日は海に出掛けた日の3時頃


家内も仕事で家にいないので、うん良く家にいた息子に用意してるバケツに入れてもらうようにしていました。


海から帰りしな息子から電話が


「いまついたよ」

「元気?」

「うん元気(^^)」


と言う会話、取り敢えず無事に到着してひと安心です。


数時間の運転の後我が家へ到着~

荷物や拾ったゴミをおろして、チェルモン君が入っているであろうバケツを覗き込みました。


はっ…

えっ??ええぇ~!!

なんじゃこりゃ…?


そこにいるのはエアーストーンに隠れてしまうような極小サイズのチェルモン君で、上目遣いでこっちを見ています。


息子に

「えらいこまかね…^^;」

と言うと

「かわいかど♪」

と言っています。


いや~かわいいのはかわいいけどね~

(汗)



餌付け水槽に入れて撮った写真がこれです。

フエとスダレは本水槽に浮かべた隔離水槽に引っ越ししてもらいました。


とにかく小さいので何か食わせないとすぐに命の火が消えてしまう。

てな訳で、アサリ、ブライン、クリル、オトヒメといろいろ与えてみました。


しばらくはあちこち散策しながら水草やら水槽の角やらつついていましたが、結局アサリに食いつきました。




まぁ取り敢えずひと安心ですが、今後うまく餌付いたとしても本水槽デビューはずいぶん先ですね~^^;

前途多難です…とほほ
今年初?

じゃないけど本格的に採集するのは初ですね(^^)

10時頃に待ち合わせだったのですが10時10分頃に到着、辺りを見回すと既に一年生号が止まっていました。

しかし人の姿がないのでエントリーする方向へ歩いていると


「Honさ~ん」と一年生さんの声

どうやら漁港を散策していたようです。


宮崎Kさんがまだ到着していないので

「海水でも汲みますか?」

と言うと

「もう汲んだ」

と言う返事、9時には到着していたみたいです^^;

いやはや気合いが違います(笑)がはは


今日は釣り人やダイバーの方々がたくさんいました。

ダイバーの方に

「透明度どうでした?」

と訪ねると

「綺麗でした~♪」

の一言、抜群ちゅう事ですね(^^)
胸が高鳴ります。


早く海にどぼんしたい♪

とその前に

宮崎シークエストでは海にエントリーする時に余裕があればゴミ拾い等の清掃活動を推進しています。

最近さぼり気味でしたが今日は実施しました。


宮崎Kさんも一年生さんも喜んで協力してくださいました。

根っからの自然大好き人間だからですね(^^)




意外とたくさんゴミが散乱しています。


一年生さんが何か見つけた模様


おっと!


いやいや、これは私の勝手な想像なので実際は違うと思います(笑)

全部とはいきませんがずいぶん綺麗になりました。




スッキリしたところでエントリー~♪


私がカメラをもつと一年生さんが警戒します(笑)


まだシーズンよりだいぶ早目ですがいますね~



黄色系うじゃうじゃです。




透明度も抜群で楽しい~♪


シコロサンゴは
ブラウンと思っていたのですが


グリーンもあるんですね



海を満喫(^^)


しかしながら今回はトノとスミツキのオンパ、他の魚が見当たりません。


やはりちょっと早かったかな(^^)


同じのをたくさん採ってもしかたないので控え目に採ってみました。





一年生さんがなにやらモンガラ系を採っています。

責任持ってお持帰りと思いきやリリース(笑)

途中からくまんちゅさんのマイロも参戦




もちろんくまんちゅさんもいますよ~(^^)

採集魚の選別状況です。



宮崎Kさんからサザ、一年生さんから2年飼育のトノ、後は採取魚って感じですね



我が家の隔離しているスミツキも宮崎kさんかiさんちに里子に
するために持って来ました。


で、私のお持帰りは?

拾ったゴミだけですがとても充実した初採集でした(^^)

2013.06.03 殺菌灯不要?
我が家の物理濾過槽です。



面積は一般的な物の3倍はあるでしょうか、深さも45㎝あります。

目の細かい不織布を使っているので面積で目詰まりをカバー

で目詰まりがもし起こったら深さでカバーって訳です。

水圧がかかったら抜けていきますからね


これにより1週間放置が可能になりました。


で1週間放置した濾過槽の状態

一段目の一枚目

かなりの汚れです。



で一段目の二枚目

まだまだ汚れてますね




次に二段目の一枚目

まだまだ汚れてますね~



でめくります。



次に三段目

少しはましか?



で四段目になると



ずいぶんきれいになりました^^;


なにが言いたいかと言いますと

殺菌灯の効果はもちろん殺菌ですよね、白点にも効くと聞きます。

でもその他に水の透明度が上がると言う人の話しはそれ以上に聞くように感じます。


でも、これだけ幾重にも濾過したらそれに匹敵する効果がある?かもしれません。

実際我が家の水槽の透明度はなかなかかも?と自己満足してます(^^)


白点の場合はもちろんシストは通過出来ないし、意外とセロントや大きめの細菌も?


まぁこればっかりは想像になってしまいますね^^;

でも今のところ順調みたいです。
今日はいつもの物理濾過に敷いている不織布交換を朝からしました。


で、洗濯機で使用済みの不織布を洗おうとすると…

家内が朝から回した洗濯物がどっさり^^;

うげ~~~
っと思いましたが、単身赴任で鍛えているのでくじけませんよ~(笑)


先に洗濯物を干してから洗いました。
単身赴任しているとみにしみてわかりますが、女性って大変です^^;



で、その延長

一度そんな部類の仕事をやってしまうと次から次に

シーズンに向けてウエットスーツやマスク関係の洗浄を行いました。


これってなかなかやらないんですよね、前回海にいって海水で濡れているスーツを気持ち悪い…と思いながら着ることもしばしばです^^;


息抜きに休憩~

ビオトープを眺めてみるとスイレンの花が咲いていました♪





美しいですね(^^)


話し変わって水槽の様子ですが

今回一番の気掛かりはチビスダレとチビフエでした。



スダレ、は調子良さそう

フエも状態はいいのですが、ちょっと痩せているか??

どうやら餌が足りない感があります。

今週もこの調子でいくとヤバい…ですね

家内にちょっと多めにお願いね
と言いましたが、どうなる事やら…