上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在の現場ですが、浄化センターの改築みたいな事をやっております。


最初沈澱池やバッキ槽、スカム処理、最終沈澱池等アクアをやってる者にとってはちょっと興味深いものですね(^^)

ポリ鉄を使用するタンクもあるようです。


で、あちこちの処理システムを見て回ると

ん?


何やらメダカみたいな魚が大量にいるではありませんか


むむむ…


泳ぐ姿をよく見てみると、時々キラッ、キラッとヒレが輝いて見えます。


むむ、むむむ


こうなったら掬ってみよう(^^)


てなわけで、今回取り壊す場所にもわんさかいたので捕獲してみました。





どうみてもグッピー?

ちょっと地味ではありますが、グッピーですよね


今回取り壊す場所は数年前から水は循環せずに、冬には氷が張る程冷え込んでるはずに違いない場所なのですが…


耐寒性グッピー?なのかな??


ってわけで少量捕獲してわが家に持ち帰ってみました(笑)


庭でグッピーが飼えたらいいですよね~


それにグッピーは海水にも適応しやすいそうなので、ヒラムシやコケ対策にめ使えるかもと(^^)


でも海水水槽にグッピーは似合わないかな(^^;)
スポンサーサイト


昨日一年生さんからおチビちゃん達をいただいてきました(^^)


実は以前にもいただいたのですが、明くる朝には全滅……


小さ過ぎて輸送に耐えれなかったのか

もしくは水あわせが悪かったのか?…


わが家の水質が悪かったなら元も子もありませんね(^^;)


とにかく可哀想な事しました…

反省です…



しかし今回は大丈夫みたいです♪

餌を食べる姿もまたかわいい(^^)



それにしても一年生さんちのチビクマノミの数たるや凄まじいものでした。


昨夜も孵化寸前の卵がいましたし、かなりの確率で育ってるようです(^^)


子育ての担当は徐々に徐々に奥様に変化しつつあるようですが(笑)


夫婦で子育ての再現が出来るとは羨ましい~~~♪


最初はワムシを使ったそうですが、現在はブラインのみで育ててらっしゃるみたいです。


とにかくマメ、愛情が半端ない

頭が下がります。


いつかはわが家でも繁殖させたいと思っていますので、ノウハウは全て強制的に聞き出すつもりでおります(笑)


よろしく~(^^)
2012.08.25 娘のお土産
娘が水族館に彼氏と行ったそうです。


学生はいいですな~


夏休みと言うものもありまして、ちょくちょく遊びに出かけます。


わが家は放任主義なので好き放題なんですね(笑)


ところが…帰ってきたら『お父さんにお土産買ってきた』

と言ってこれをくれました(^^)


対象年齢はけっこう低い組み立てるオモチャみたいなものです(笑)



しかし、むむむ…


大好きなチェルモン君がいるではあ~りませんか(^^;)


早速組み立ててみることに


じゃじゃ~~ん






チェルモン君かなりデカくて迫力満点です。


わが家のチェルモン君もこれくらいならんかな~?


約4年たってもあまり大きさ変わってないからちょっと無理でしょね(^^;)


しかし…娘から見ても私は海バカなんですね(笑)




わが家の無脊椎水槽です。


まぁ、平凡な水槽ですが何かが見当たらないと思いませんか??


何かが…


多分普通ならばどこかにあると思うのですが…




そう、水流ポンプです。



底砂やライブロックがある水槽には必ず水流が必要ですよね、そうしないと底砂やライブロックの表面の水が動かないので、表面にいる生物が酸素を使い果たし死んでしまいます。


好気バクテリア等が住めなくなると、砂の表面でも硫酸還元がおきてしまう事になりますよね


そう、硫化水素が飼育水に漏れ出てしまう事になります(^^;)


底砂もライブロックもない魚専用の水槽(通称ベアタンク?)ならば水流なしってのもいけますけど(^^)



と言うわけで水流に関してはいろいろやってみました。


底砂の中にパイプを埋め込んであちこちから水流を噴射させたり


また、水槽背面から前面に向かってがいいと言う記事をみてそれを真似してみたり


あとサージバケットもやってみました。

不規則な水流が出来る事がメリットでしょう。


それから電子制御みたいなので波を作るのも流行ったみたいで、取り付けておられる人もたくさんかも?


しかし…ここまでいくと貧乏アクアリストの私には出せないお金がかかってしまいます(^^;)


もちろん手がでません


で、貧乏がやれる範囲の試行錯誤や冒険を繰り返してたどり着いた現在のわが家の水流ポンプ


一体どうなっているか


左側奥の角にマキシの7、5ワットが一個だけあります。


それも上向きに


これだけです。


しかしこれが意外にいい感じの水流を作ります。


緩やか、意外にランダム

サンゴが嫌がるような水流もないし♪



それからわが家の無脊椎水槽はスキマーもありませんが酸欠にもなりません。


飼育水の表面から溶け出す酸素の量は物凄いみたいで、表面が動かないとすぐに飽和状態になるそうです。


しかし、表面を動かしてやれば無限に酸素が入ってくれるわけですね


なので水槽の左側奥の底から真上に向けて噴射しているので表面水は循環しまくり

酸素も溶けまくり!



それに柔らかくて適度な水流がサンゴに届いてくれるので個人的に気に入っています。


900規格水槽で水流ポンプが7、5ワットって省エネではないか?!


って自分では満足もしております(^^)



しかし、そこそこの水槽で満足できる私向き!

なので一般向けではないのは間違いありません(^^;)
2012.08.18 メダカ選別
久し振り、と言うか初めてメダカの選別をしました。



以前オークションでおとした銅虎透明鱗、幹之、楊貴妃がいるのですが、ほったらかしの状態


勝手にどんどん卵を産んで増えております。


一番気に入っているのは銅虎透明鱗



これは親ですが、ヤゴに食われたりして生き残ったのはたった3匹…


その上に♀しかいないのです(*_*)


なので仕方なく幹之と配合してみました。


銅虎透明鱗はどちらかと言うと地味なので、幹之の光具合と銅虎の模様がミックスされたらいいな~♪


と言うのもちょっと期待(^^)


メダカの飼育書を見ますと、配合理論など難しい事が書いてありますが、全く理解しておりません。


ただ単にミックス~~♪

って出来ないのかも知れませんが…(^^;)


しかし産まれた子供の中になんか期待出来るものが♪


大きくなるのが楽しみです。



自己満足の世界なので何でもありですね(^^)



先日の採集で持ち帰ったサザナミトサカハギです。


採集フィールドでたまに見かけるのですが、いままではスルー


今回初めて採取してみました。


採取した理由としてはハギの仲間なのでコケ処理にいいのでは?


って所ですね(^^)


水槽に入れてみるとすぐさまトミニサージョンが威嚇しはじめました。


や、やばい…

大丈夫か?


しかし案外マイペースな性格みたいで堂々と表に出てきています(^^)


なんだか丸っこくてとぼけた顔が妙に可愛く見えてしまいますね


特別派手でもなく、ソフトな色合いもなかなか魅力的なんじゃ?

と一人で満足しておりますが…(笑)




早く馴染んでくれよ~♪
2012.08.15 また海遊び(^^)
またも海遊びしてきました(^^)


今度は別の場所へ…


セグロが良くいる場所なので、セグロねらいで行ったのですが、トゲ、フウライも見かけない状態…


むむむ…一体どうなってるの?


見かける魚と言えばナミチョウやツノダシくらいでした。


伊勢エビはわんさかいましたがね(笑)

とることはできませんけど…



魚が少ないなかでホンソメのペアーがいたので採取してみました。


唯一の自分へのお土産です(^^;)



仲良く魚達のクリーニングをやっています。

微笑ましいですね(^^)





そういえば便秘のナミチョウは回復してきました。

最近の暑さのせいで体力が落ちていたのかも知れません。


しかし…フエ君が突然調子を崩し☆に…

まだまだ飼育技術が足りませんね(*_*)
2012.08.12 いざ、採集へ
今日は待ちに待った採集へ♪


ところが不覚にも寝坊してしまいました…トホホ


6時には出るつもりでいたのですが、起きたのは6時40分(´д`)


血の気が引きました(汗)


昨夜は家族で東屋で焼き肉しながら飲んだのですが、明日は採集だしほどほどにしておこう!


と心に決めていたのに…


飲んべえはダメですな~


それに長男は飲めないのですが、長男の嫁がいけるくちなので盛り上がってつい


おかげで遅刻した上に、二日酔いで耳抜きもいまいち抜けない状態


なんか最悪(*_*)





でも海は綺麗でしたね~♪




そういえばお初♪

ダイコン付けて潜りました(^^)

私のファンに買っていただきまして(^_^)/

水温高いですね~28℃

水深7、4メートルとかわかるので楽しさ倍増です。





お持ち帰りはこれです。

それぞれ一匹ずつ(^^)



トータルはくまんちゅさんのブログに載ってます。


私の素顔も(笑)
チョウ飼育の師匠、採集地では鵜匠のくまんちゅさんとリンクしました。


楽しいブログです(^^)


やっぱり文章力が半端ない、あれくらい書けたらな~



マイロの冒険
我が家に帰ってみるとナミチョウが便秘になっていました…



むむむ…ですね(;_;)


数ある病気の中でも一番致命的みたいに思っています。


これでチビキンやサドルバックも逝ってしまいました…


淡水浴がいいと言う情報もありますが、我が家では効果を見る事は出来ませんでした。


トリクチス期をようよう卒業した位の時に採取して約4年飼育しているし、かなり思い入れのある個体です。



先週まですこぶる調子良かったのですけどね







どうにか治癒して欲しいものです。


何かいい方法ないですかね~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。