上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふやかし冷凍餌がなくなったので餌づくりをしました。

今回は3種類の餌を用意


左から野菜が入った金魚の健康食398円
モロヘイヤとケールが入っているようです。

まん中が咲ひかり金魚680円
ひかり菌入りで腸内を活性化してくれるそうです

右がメディスーパーゴールド498円
トルラ酵母、ラクトフェリンが配合されています。
免疫力を高めてくれるそうです


01



 で、これを混ぜ合わせて適度に水を加えてビニール袋に入れ、薄く平らにして冷凍します。


02



完全に固まらない半凍結の状態でサイコロ状にカット


03




そして容器に入れて冷凍庫に保存(^^)

完成です♪


餌付けの時になどは混ぜ合わせる時にアサリを練ったものや、オキアミ(天然採取もの)を混ぜ合わせて作ったりもします。

いろいろアレンジできるのがいいです。


餌の試しやりをしてみました。



スポンサーサイト





魚水槽の餌やり状況です。


我が家では粒餌をふやかして冷凍、適当な大きさに刻んでから与えています。

内容としては金魚の餌の葉緑素配合のものや、ラクトフェリン配合、バチルス?配合だったかな?

などなどいろいろブレンドして餌にしています。


餌付けの時はアサリを潰したものも混ぜ合わせたりと、アレンジ出来るので便利ですね(^^)


正直、海水魚の餌は高いし量が少ないので少量混ぜるくらいにしてる状況です。


でもチェルモンも状態いいし、問題ないかも(^^)
2012.04.19 魚水槽





我が家の最近の魚水槽です。


砂を敷くとなかなかいいですね~


最近バックウオールをつけようと思ったのですが、こちらがァ正解だったような(^^)


今は水槽裏が木目ですが、義岩でつくったらどうかな~?


と思っているところです。


しかしフエがいないと寂しい・・・


タウンゼントの青みが減っているのもきになるし(苦笑)

グリーンボタン


グリーンボタンをkenさんに貰いました。


それも超巨大!


写真奥に写っているのが普通のマメスナですが、手前のグリーンボタンの巨大さがおわかりになると思います。


まだまだ中途半端な開きかたですが、すでに3センチ程ありますね(^^;)


完全に開いたら4センチはあると思います。


存在感ありすぎ(^^;)


色もテカテカだし最高です♪
ほ~んと、一年ぶりにシークエストの例会に行ってきました(^^)


根っからのアクアキチガイと酒飲みながら語り合えてとても楽しかったです♪


ここ一年の水槽の状況など話したりしたのですが、話がわかる人に聞いてもらえるのはなんともいえないものですね~



そのなかで会長に、以前掲載した水槽の水換えの時の隔離方法を話しましたら


「すばらしい!!」

と言ってくださいました。


わかってもらえてとても嬉しかったです。



うちの会長は潮だまりで採取したチョウハンを17年程飼っておられますが、その17年と言うのも驚きますけども、今も毎日少量換水されているそうです。

良い環境を作りたい!と言う姿勢と、変わらぬ情熱を今も持ち続けておられる事に本当に頭が下がりますね~

尊敬いたします。



それにしても、うちの会、新会員がなかなか続きません・・

例会に一回は来るのですが、その後が続かず(^^;)


並のアクアキチガイでは入り込めないのかな?(笑)


関係ないけど、女性ダイバーの写真を

jyosei daba-
出張がとけて生活にゆとりが出来、よく水槽の写真や動画をとるようになりました。


たまにはYouTubeに貼ってみようかな~♪

と思ってログイン!


ん・・・


ログイン!


・・・・



は・・入れない・・・・


なんと、自分の動画にもかかわらず、所有者は?


汗・・・


別にアカウント作るべきか?


悩んでます。


もうすぐ1000回に達しようとしている(目標低い~(^^;))動画もあるのに・・・
餌付け水槽設置しました。


45センチキューブが私が一番最適だと思う餌付け水槽のサイズです。


これでチェルモンや失敗はしたものの餌付けまでは完璧だったハナグロもこの水槽で餌付けました。


まぁ私の感覚としては、本水槽にデビューする前の休養、リハビリ、検疫、そして餌付けまでの言わば診療所みたいなものですね(^^)


ショップに採取地から運ばれて来る魚は、餌止めや輸送のストレス、また水質の急変による体力の低下、などなどで体調を崩し、普段はかからない病気などにもかかっている状態も多々あるのではないかと思います。


又、採取した魚でもスレキズや輸送中の水質悪化等で体力も落ちているし、外傷からの感染症にかかりやすくなっているのが現状だと思います。


あくまでも私の考え方ですが、なかには魚を導入するさいに6時間水合わせした、7時間水合わせした、と自慢げに言う人がおられますが、どうにも理解が出来ません・・・・


数時間水合わせしようが、数十時間しようが、数日かけようが、結局は傷だらけの魚を細菌だらけの中に放り込む事になるからです。


運良くスレキズもあまりなかったり、体力のある大型ヤッコ等ならば気にする必要もないのでしょうけどね(^^;)


人の場合にも長旅や病後のあとしばらくは休息したいものですよね


ある程度のリハビリ期間を経た後に本水槽へデビューさせるのが理想的なやり方だと私は思っています。



と言う訳で今年は準備万端です(笑)

週1の水換えをしました。
 

底砂を敷いてからは初めてになりますね


いつものように大きなビニール網で掬ってそのまま隔離、底砂の毒抜きと撹拌をしました。


底砂があるぶん硫化水素が出る程嫌気的にはなっていないとは思いますが、やはりよからぬ物が面に出てくるはずなので、隔離するのはさらに重要になるでしょうね


それから更に濾過槽の濾材をジャブジャブと濯いで水が澄むのを数時間この状態で放置です。




あっ、そういえばこの間に物理濾過のウールを二回は交換しないと目詰まりして溢れてしまいます。


それだけ水槽内のゴミ等が取れたわけですね、必要なものも多少は捨ててるのかもしれませんが・・・


それにしても物理濾過って本当に頼もしい奴です(^^)
今日は仕事が定時で終わったので、ちょっくら海に水くみに行ってきました。


すると・・・大潮の大干潮です(^^;)


水も汲みにくいし、大干潮なのでちょっくら潮干狩りの真似事をしてみる事に(^^)


アサリがいないかな~~♪


と思いながらあちこち掘ってみるも全く貝の気配はなし


そう甘くはないよな(^^;)


と思いながら砂浜を歩いていると、地元の方々であろう人が二人おられました。


やはり私と同じく貝が目当てなのでしょうか?


近づいてみると


手に持った透明な袋には巨大な貝がー♪


あんなんいるんだ・・(^^;)


ぺこりと挨拶して

「でっかい貝がいるんですね~」

「どうやってとるんですか?」


と尋ねると、親切にいろいろ教えて下さいました(^^)



どうやら砂浜の表面を棒で刺激して、僅かな表面の変化で貝のいる場所を探して掘っているようです。


見よう見まねでやってみるけどなかなかうまくいきません


ましてや棒も持っていないし(^^;)


棒の代わりに短い足で代用する事に(笑)


がむしゃらに足で踏んだ時の砂浜の変化をみながら掘って掘って掘りまくりました。


ひたすらやるうち何回かでっかい貝がヒット~~~♪♪


なにやらコツがつかめてきたじょ~~


砂浜を歩くだけで貝の居場所、種類までわかるようになりました。



しかしそうこうするうちに満ち潮の時間に


掘った穴が埋まるし、砂浜の表面の動きもわからなくなったので潮干狩りは取り止めに


でも楽しかった~(^^)


また海の楽しみ方を1つ覚えてしまった
底砂換え

約1年の出張中、嫁に毎日の水槽管理(餌やりと物理濾過の洗浄交換)を任せていまいた。


無脊椎水槽の状況はといいますと


一見普通・・


生体もそこそこ元気に見えます。



しかし・・・

なんかスッキリしません・・


なんか人にたとえると風邪のひき始めでハナぐすぐす。


みたいな雰囲気です。


ってか単なるわたしの感覚なのですが・・
試薬も切れているし、アクアやる資格はないのかな(^^;)




以前サンプの大掃除をした時は一時的にスカー!!っとしたのですけどね


とにかく出張中の餌やり、私の場合は粒餌をふやかして冷凍し、角砂糖サイズ位にカットして与えているのですが、嫁は毎日2個与えていたそうです(苦笑)


90㎝水槽に角砂糖サイズを毎日2個・・・・


よくもま~無事でいてくれたものです(^^;)



これがkuronecoさんのおっしゃる糞溜水槽になってきて調子を落とした状態なのでしょうね



以前サンプの大掃除する時から底砂の総入れ替えは計画していたのですが、決行しました。


最初は半分づつにわけて?

とも考えたのですが


底砂の中の茶色いドロドロの水を見ていると


え~ぃめんどくせー!って事で総入れ替えを実施


底砂と言えば好気濾過や嫌気濾過を担っている部分、総入れ替えして大丈夫?と思ったりもしますし
なにせ全部入れ替えるのは始めての経験です。

結果は・・

ハナぐすぐすがスッキリ治りました~♪♪


なんか拍子抜け(笑)


底砂の濾過って???


しかしあのドロドロの水、海ではまず見ないな~


発砲2
バックウォールを作ろうと意気込んでました。


魚水槽を開けなければいけないので、一年生さんから水槽をお借りして1200を解放し準備万端♪

発砲を加工して岩肌みたいな凹凸を作る為に、発砲の板をチャッカマンであぶりました(笑)

岩肌とはちょっと違うかもですが、よさそうな凹凸が出来ました。

強度的にもあぶる事で強くなってくれるようです。


ところが・・・



一年生さんから借りた無色透明な水槽、なんとも新鮮、明るくていい感じ~(^^;)


そこで頭をよぎったのは、岩の形を作っても硝酸やリンが極度に少ない環境をつくらなければ、すぐにコケだらけになってはしまわないか?


いや、多分そうなるのでは?


ならば今の無色透明な水槽の方が断然いいのでは??


って分けで(笑)すぐに気持ちが変わりました。


サンゴ水槽ならどんどん馴染んできても、魚水槽ではちょっと厳しいかな?

と言うのが正直なところです。



さっそく水槽に張っていたブラックのバックスクリーンをはがす作業に早変わり(^^;)

これがなかなか大変な作業でなかなか綺麗に剥がれません・・

根気よく剥がしてやっと無色透明な水槽に♪


出来ました!


新鮮な水槽!
魚水槽




てか、以前の水槽に戻っただけ?

(爆)



失礼しました~~


次は真面目に工作します(^^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。