2017.08.14 またもや自作
最近自作記事ばっかり書いております(笑)

お盆休みには海にとも考えたのですが、甥っ子の結婚式もあるし、休みも少ないので断念しました。

今回作ったのはアジャスタブルベンチです。
フラットベンチはありますが、トレーニングの幅が狭くなってしまうので、角度を調節出来るものをと思って作ってみました。

自作のベンチ台、とかでググッてみるものの参考になりそうな記事はありません。
以前作ったラットマシンにしても、参考になるものは一つもありませんでした。

そこであるメーカーが販売しているものをコピーする事に

買えば数万円のものですね、しかし自作の鉄則、安く作る!って事で穴あけ用のドリルやネジ等を買って、総額1600円程度でした。

後は廃材などを集めて作る事に、しかし今回のは少し込み入っているので図面を書いてみました。



先ずは胴体部分です。



背もたれになる部分の取り付け




なんだかんだやって骨組みが出来ました。





板を張って完成です。



こんな風にあらゆる角度が作れます。

今回はかなり面倒な作業でしたが、なんとか使えるものが出来ました(^^)


しかしトレーニング部屋が手狭になってきたので、器具の自作は打ち止めですね、パワーラックなんかは簡単に出来そうですが、置き場がありません(^_^;)


次こそは海水魚の記事にします(笑)
スポンサーサイト

先週自作したラットマシン、とても満足しています。

以前当地のジムに置いてあったラットマシンに近い使い心地で、広背筋、三頭筋にバリバリ効かせる事が出来ました。


良くスポーツパレスみたいな所に置いてるものはフワフワして使い物になりません・・・


しかし改良点もありました。


ウエイトを乗せる部分のシリンダーが円形だったので、ウエイトがクルクルと回ってしまうのです。

別に動作に支障はありませんが、せっかくなので改良してみました。


それと、下側にプーリーを取り付けてワイヤーを延長したら、シーテッドローやアームカールも出来るので追加することに(^^)



まずはシリンダー作成

6角形の鋼棒を見つけたので、それにあった枠を作りました。

鉄板をドリルで型に近い形に空けました。

P_20170806_090302.jpg


で、100円均一で買ってきたヤスリで形を整えてシリンダーが完成、これでクルクル回ることはありません(^^)


P_20170806_100527.jpg P_20170806_100531.jpg


次はプーリー取り付け

これを使いました。

P_20170806_121831.jpg


プーリーについては色々検討しましたが、500円と安価だし、鉄だしってことでこれ!

でも5kgまでしか対応しない・・・と表示はされておりますが、溶接で補強したら問題なさそうです。

P_20170806_164058.jpg

もっとも100kg越えの加重には???と思いますが・・(^^:

そんな重量では当分することはありません(笑)

P_20170806_155431.jpg

踏み掛け棒等追加して、シーテッドロー、アームカールが出来るようになりました。


乗ってきたのでプッシュダウンやアームカール等やる時のハンドルも作ることに、ハンドルの形状が変わるだけで、ずいぶんとトレーニングの質が変化したりするんですよね

P_20170806_145206.jpg

まずはロープのやつですね

P_20170806_144701.jpg

こういう金具を見つけましたのでロープを締め込み

P_20170806_144717.jpg P_20170806_145147.jpg

ねじ部分を切断して別の丸い部分を溶接して完了です。

P_20170806_154446.jpg

こんな感じです。




次にこれ

P_20170806_154353.jpg


長男坊が乗っていた三輪車のハンドルを使用しました(笑)

この曲り具合が絶妙で手にフィットします(^^)


P_20170806_150600.jpg


P_20170806_162301.jpg


レパートリーが増えました(^^)


P_20170806_112309.jpg P_20170806_115041.jpg


金具のみで固定していたワイヤーも編みこんで完成!


自作ってきついですが、楽しいですね(^^)











久しぶりに自作してみました。

と言っても水槽関連ではありません(^^;)


筋トレ器具です(笑)


バーベルやダンベルだけではなかなか鍛えにくい部分に利かせる事が出来るマシンで、前々から欲しかったのですが、購入したらチャチなものでも五万~六万円しますので、作れるものは自作してみました。

昨日は昼過ぎに仕事が終わったので、帰りに材料を買って取りかかることに

ワイヤーは700円、滑車は500円×2、雑材が1000円程でトータル3000円弱です。

四角い鋼材は前々から我が家にあった物、かなり薄汚いものですが、強度はあるのでケレンして使用

作業工程は時間も少ないし、必死こいていたので一枚だけです(^^;)



しかし、本当に溶接機は重宝します。

で、出来上がりは



ウエイトは板状のもので、ワンタッチで重量変えられるものにしたかったのですが、自作するには面倒すぎます。

なのでバーベルのウエイトをはめる構造にしました。



自作ベンチ台



自作スクワット台



デッドリフト




だいぶ充実してきました😁




2016.08.11 プチ自作
今日は山の日でお休みでした(^^)

いや~就職して30年以上、祭日に休めるなんて初めてかも?


我が家には最近作ったトレーニング部屋があるのですが、昔い草の乾燥小屋を利用したためにホコリがすごくて(^^;

今日意を決して天井などを洗浄することにしました。

かなりしつこい汚れなので、そうとう頑張ったのですが結局昼過ぎまで


それから海へ水汲み(^^;
画像はありません(笑)

今日は360リットル、帰ったのは5時過ぎになりました。


もう明日の心だ~!

とゆっくりしたい気持あったのですが、ええぃ!やってしまえ!

みたいな(笑)


前々からやろうと思っていたのですがなかなか(^^;

水槽に無造作に引っかけている海藻のBOXです。

材料は苗箱(笑)
百姓のせがれです(爆)



で四隅をちょんぎって



ヒートガンで折り曲げて



完成です🎵

水槽に取り付けると



こんな感じ

前よりスッキリはしました(^^)


新魚を迎える時、我が家の場合は一旦餌付け(トリートメント兼ねる)に収容します。
現在も約3か月前に頂いたミカド、セグロ、スミツキが暮らしていますが、そこで餌付けや、病気の持ち込みがないか?と検疫を兼ねるわけですね


DSC_0580.jpg
DSC_0577.jpg
DSC_0575.jpg

こんな感じです(^^)


非常に単純なつくりですが、この水槽不思議な事に一度も病気が出ていません。
まぐれ当り?(笑)

造りとしては、水槽をちょん切った時に余った角っこを二つ合わせました。

fc2_2013-03-02_15-43-57-705_2015121616550265a.jpg
fc2_2013-03-02_15-45-04-864_20151216165504907.jpg
fc2_2013-03-02_15-49-45-552_2015121616550438e.jpg
fc2_2013-03-02_15-52-23-072_20151216165506dd4.jpg

本水槽の濾過槽は5層式で、4層に濾材を貫いたパイプでエアレーションしていますが、これは1層にパイプを突き通しています。
これにより対流が生まれて目詰まり防止、酸素供給、メンテナンスのしやすさを実現しました。
対流が強いのでバクテリアが付着しにくい、と言う意見もあるのですが、全部につかなくてもいいのです。

日を追うごとに濾過槽内の水流は弱くなっていくので、早いぐらいがちょうどいいのでは?みたいな(^^;

最後の写真にメジナ君がいますけど、タイドプールから掬ってきたチビを入れて水槽を立ち上げました。
メジナ君の成長はものすごいので、手狭になった時は水槽が立ち上がっていると判断できますからね、メジナ君には悪いですが、水槽が立ち上がったら海へお帰りになってもらいました。

とにかく5ワット程のポンプとエアレーションで維持出来るので、とても安上がりな水槽だと自己満足しています。


で、今回はストックの水も底ついたので水汲みに行ってきました。

DSC_0595.jpg

結構しんどかったです(笑)
これが出来なくなったら卒業かな?

本水槽はこんな感じです。

DSC_0588.jpg
DSC_0589.jpg