FC2ブログ
2017.09.10 今年初採集
今年初の採集に行ってきました。

昨日一年生さんから電話があって、明日休めるようになったとあり決行

朝7時に出発して海へ向かってると、途中で一年生さんから電話が

どうやらもう着いたらしい、はやっ(笑)


少し遅れて到着し海へ向かうと

奥様もいらっしゃいました、仲がいいですね~羨ましい(^_^;)


海の様子はと言いますと、べた凪、しかし大満潮です。


不覚にも手袋を忘れてしまったので奥様から手袋を借りていざ海へ


入って見るとなかなかの透明度、ゆっくりゆらゆらと泳いでみると久しぶりの海は何とも言えません。


「やっぱしゃばはええの~~」


しゃばだばだ


って感じです。


べつに刑務所に入ってた訳ではないんですが(笑)


魚採集より、海の景色見るだけで楽しめます。


かなり水位があるので何時も魚が多いポイントも深く見えます。


少し潜って身体を慣らそう、と潜水すると思いもよらないことが判明

左の耳が抜けません!

「えっ…まじ…」


ここにさん日ちょっと鼻風邪をひいてしまいまして、それが影響したのか全く抜けません。

ヨーイング法がダメならバルサルバ、と試みるも、バルサルバでもダメでした。


と言うわけで勝負するのは水深3~4メートル(^_^;)


その上大満潮、最悪です(苦笑)


あちこちゆらゆらと散策してみると、一年生さんが言ってたようにいつものポイントにあまり魚がいません。


焦らず泳いでいると魚影がある感じ


今日は久しぶりだったので手当たり次第に採集してみました。


収穫は




ニセ



ミスジ



トノ



アケボノ



スミツキってとこですね





最後に記念撮影




やっぱり海は楽しいです。

一年生さん、お弁当までご馳走になったり、いろいろお世話になりました(^^)


でお持ち帰りは、ミスジとニセです。
久々の餌付けですね、頑張ろう!
スポンサーサイト



2016.09.10 採集へ
本日は晴天なり、一年生さんと採集に行きました。

今日の採集は2ヶ所予定

一ヶ所目はチビキン狙い、2ヶ所目はチョウチョウウオ狙い


先ずは一ヶ所目
海は透明度抜群です。

漁港も


船も浮いて見えますね


で、そそくさとエントリー

あたりを見渡すとデカキンチャクがわんさかいます。

チビキンがいそうな場所を見ながら散策するもいない…ちょっと時期は早いと思いながら来たので、やっぱり?みたいな

途中ここでは珍しいヤリカタギがいたので捕獲

アチコチ見渡しながら泳いでいると、足ヒレをツンツン

一年生さんでした。


『いたよ!』


と言うので見に行くと、宝石みたいな魚が♪

共同作業で時間かかるもゲット♪



勢い付いて見回すと又いた!


今度はすんなりゲット


調子に乗って泳いでいると又います

しかし隠れ家が多い場所でチョロリチョロリと逃げ回る…
かなりの時間頑張ってゲット!

ちょうど一年生さんが来たので、上がろうかと言う事になり丘へ


その時一年生さんが


『あれっ~!!、魚減っとらん??』


えっ…

生け簀を見ると、ヤリカタギとチビキン一匹がいません…

ショック…😱

せっかく採ったのに…😓

生け簀の蓋が開いてたもよう…

で収穫は



一年生さんが採ったトノも合わせて3匹です。




で2ヶ所目エントリー!

ここは一年生さんが見つけた場所で初めての場所です。

クラゲが多いよ!

と言う事でしたが、ホントに多い
エントリーしてすぐにアンドンクラゲの壁がありました。

避けながら泳いで行くとフウライやトゲがアチコチにいます。

そろそろトノやスミツキでてこ~いと思いながら行くと、切り立った岩、絶壁の壁等があり南のしまで泳いでいる感覚です。

しかしなかなか目当ての魚が見つからず…

丘に上がって握り飯とかを御馳走になりながら一年生さんと話すと、スレてるので人の姿を見るとすぐに隠れるとか

どうりで見つからなんだ(^^;


結局フウライだけ採ってみました(^^;


一年生さんいつもお昼御馳走になってすみません。


最後に記念撮影



髪の毛が鉄腕アトムに出てくるキャラクターになってます(笑)



採集紀はここまでとして、我が家の水槽に気掛かりな事が…

ハナグロの背鰭が炎症を起こしてます😓



持ち込みなのか、我が家でそうなったのかわかりませんがかなり深刻な状況…

投薬は少ししてみたものの、改善するかはわかりませんね

明日の朝がどうなっているのかで結果はわかるかも知れません。

2016.07.25 採集へ


採集に行ってきました。

 

今回も少し早めなので偵察を兼ねて計画しました。

メンバーはいつもの一年生さんと(^^)

 

ところが又前日に後輩が

 

『東屋で飲みましょう!』

 

と言って来たので又飲み会

そして朝は二日酔い気味です(^^;

 

 

何とか起きて8時過ぎに出発して走っていると

 

『本さんいま何処付近』

 

『まだえびの!』

 

と答えると

 

『もう着いたよ(^^)』

 

だって

 

いったい何時に出たんだろ!(笑)

 

11時過ぎに到着すると一年生さんは海から上がって日陰に座っていました。

 

『どう?いる?』

 

と言うと

 

『前回と変わらん・・』

 

 

え~っ、又~・・・

 

と思いつつビーチクリーンを済ませ海へドボン!

 

 

前回かなり拾ったせいかゴミも少なかったです。


とてもじゃないが抱えきれないロープや網の塊はありましたが、これは個人の範ちゅうをこえています。

 

 

で海の中・・

 


『う~~ん・・・全くいない・・』

 

ミニサイズのトノやアケボノ、ミズジはいますが、まだ採取する大きさではありません。

 

がっかりしながら海から上がって、しばらく採集や飼育について一年生さんと話していると、一年生さんが僕の話を上の空で聞いています。

 

なんと遠くの方からビキニギャルが二人歩いてくるではありませんか・・(^^;

 

その後はいろいろ話をしながらも鼻の下伸ばしてチラチラとビキニギャルの方をオッサン二人でみていました(笑)

 

 

で今回の成果

 

 

 

これをリリースしただけです(^^;

くまんちゅさんとうまくタイミングが合えば差し上げるつもりでしたが、生憎お仕事と言う事でしたので・・・

でも性格悪いのでいずれご迷惑をかけると思いますのでリリースが良かったのかも?

 

 

しかし今年はこのまま終わるの??

みたいな不安もありますね・・一変する事を期待しています(^^;

 


2016.06.26 梅雨の合間に
九州は梅雨真っ只中


うんざりする程雨ばかりなのですが、今日はひさびさに晴れました。


暖かくなってきたのでそろそろ海に行きたいな~♪


と思っていたら、一年生さんも偵察に行きたいと言うのですぐ決定!(笑)


ところが昨夜飲み会が入っていてかなり遅刻しました(^^;


今日は早く切り上げねば!!


と思っていても、アルコールが入るとすぐ調子こいてやっぱ午前様…


アホです。


ちょっと頭ガンガンしながらも何とか到着


やっぱ海はえええ~~~♪



暑いのでドボン!!

と行きたいところですが、入る前にちょっとビーチクリーンを



二袋ぐらいはあっという間です(^^;
もっと拾いたいところですが、水汲みもするし車のスペースが…


スッキリした所でドボン!!


まだまだ早いけど、何かしらいるかな?


と期待を胸に散策しますが…


いるのはナミチョウ、又ナミチョウ、ニセカンランハギやサンノジばかり(^^;


ナミチョウとってもね~…



今度は堤防きわを攻めてみると、ハタタテがいる、ひょっとしたらシマハタ?なら良いけどね?


と近づいてみると、ただのハタタテ(^^;


ハタタテとってもね~



と言う訳で獲物なしで帰る事になりました。


今日の成果はこれだけ(笑)





申し訳無いけど、新しい餌付け水槽の立ち上げにご協力いただきたいと思います。


立ち上がったら必ず海へ帰すからね♪
何度も書きますが海水やり始めて10年が経過しました。

今採集に行く!と言えばお目当てはチョウかヤッコあたりに限られるところですが、最初の頃はカワハギやギンポとか全くカラフルではない魚を採取していたものです。

もっとも海水やり始めたきっかけと言うのが、潮干狩りに子供たち連れて行ったときに、タイドプールにいたアミメハギとネズッポを持ち帰り、せっかくだから飼育しようと思ったのがきっかけでした。

もともと金魚やタナゴなんかはいつも飼っていたので、全然分野外ではなかったですけどね

それをきっかけに毎週のように海へ繰り出して、どんどん九州の南の方に足を運んでいるうちにハタタテダイやセグロ、トゲチョウ等と出会いどっぷりはまっていったわけですね(^^;


カワハギ等は飼育もかんたんだったのですが、カラフルな魚になるにつれどんどん飼育も難しくなっていきました。


沢山採ってもすぐに死なせてしまう・・・を繰り返して・・・

最近やっと、少しまともに飼えるようになったかな?と思っているところですが、採集についての考え方もいつの間にか変わっていきましたね

最初の頃は採れたら採れただけ欲張って持ち帰っていましたけど、今ではほんの数匹、全く持ち帰らないこともしばしば(苦笑)
一年生さんと採集に行くと、お互いそんな感じなので海を満喫して終わりみたいな事もよくあります。

水槽に余裕もないので飼える魚も限られるし、沢山持って帰ると水質が悪化して魚も傷むし餌付けもやりにくくなってしまいますからね、だから水槽のスペースが多いお仲間が同行するときはつい張り切ってしまうのです(笑)


時々ネット上でも、生簀いっぱいに魚入れた写真を見たりすると、そこにいる魚の運命はおよそ想像がつくので心が痛みます。

コツをつかむと案外数取れますから採取技術を自慢する必要はないし、やはり責任の持てる数を持ち帰るのが基本だと思います。


時間があるときはこんな事もやってます。

P6070259.jpg
クリーンビーチ、わずかでも綺麗になればと思い時々やっています。

今年はもっと回数増やしたいです。

せっかくなのでこれまで採取した一部の魚を紹介
PB030019.jpg

ミスジ、美しい♪我が家のミスジもやっとこれくらいになしましたね
一年生さん採取個体、ただこの個体は10か月程で落としてしまいました・・・

P9210443.jpg

スミツキ、毎年数えきれない程沢山います。

P9210447.jpg

カンムリベラ、数はすくないですね~
くまんちゅさんちへ里子
P9210441.jpg

ミゾレ、意外とレア物です、お店では格安?(^^;
どこにいったかな??

P9070385.jpg

モンツキ、じゃなかった、、え~~っと  ヒレナガハギ
どんなチョウよりも採取難しいですね(笑)
需要がなかったのでリリース

P1010461.jpg

ミズジペア、ペアの採取ってのが味噌、2匹とも粒餌に餌付けて里子へ出しました。

P6070264.jpg

海の様子です。なんともいえません(^^)



時々海に出没するおっさんです・・・・注意してください
P9070391.jpg