ミスジチョウのその後ですが、いつの間にかデビューしてました(笑)


餌付け水槽に入れていましたけど、狭い環境の中で喧嘩はするので本水槽にデビューさせました


させてました・・(^^;


画像はありません


デビューさせると先住のミスジもしばらくピリピリしていたものの、デビューさせた方が大きいので何とかおさまりました。


ところがあのちっこいミカドが大はしゃぎして攻撃します。


それも結構しつこく・・


しかし二日目には落ち着いた模様ですね


気になるミスジの餌食いですが、あまり良くありません


他の魚の餌食いに圧倒されて割り込めない状況です。


時間的に余裕があってサイズが小さいなら又餌付け水槽に逆戻りの状態ですが、何かと忙しいし、サイズの大きさで馴染む時間をカバー出来るかも?


ってとこで様子見しています。


一方ニセフウライは最初から本水槽にいたかのような馴染みっぷりです(^^;

ホント楽ですね(笑)


とにかく完全に馴染むのが先か?体力が落ちるのが先か?


ってところです。

スポンサーサイト
2017.09.08 懐かしい

久しぶりに過去の動画を見てみました。


やはり今でも見たくなるのはハナグロの動画ですね~

人工餌と雑居での飼育を約2年やってみましたが、出張期間による週1管理で良く飼えていたものだと今でも思います。


https://www.youtube.com/embed/QHnRNk0Sz-w"


人工餌だけで丸々と太っていました。


ハナグロ亡き後昨年はオウギチョウなどにも挑戦してみましたが、粒餌までに餌付いたものの、混泳させると一気に魚のテンションが下がり、再度隔離してみたもののなかなか調子を上げる事が出来ずに失敗となりました。

ハナグロより更に難しいと感じましたね


実験水槽のようにずっと餌付け水槽に入れているのは性格的に出来ないので、無謀だったのかもしれません。


ハナグロ飼育期間中は出張期間中で一週間水槽を見れないので、毎週のように帰宅後に換水したりして頑張っていましたが、システムも伴っていたからいけていたのでしょう。

毎週一週間放置だし病気が出たらアウトなので特に気をつけていたんですよね


今は換水頻度が極端に減りましたが、病気一つ出ないので本当に楽な水槽

結局は病気の出ない水槽だったんです。


もちろん頻繁に換水した方がいいのはわかっているんですけど(^^;

なかなか・・


なので最近流行の白点キラー?とか全く内容知りません

10年以上前は銅を使った事ありますが、それも容器だけはあるようです。


白点大魔王と言うのもあるみたいですね、もちろん知りません

なんか自分からモニターかってでて、量を入れすぎて魚が全滅したら恨み言をネットのあちこちで書いたり、個人攻撃したりという笑い話は聞いた事ありますが(笑)



ジャームキラー?これも知りません

新魚を迎える時に使う物みたいですが、基本的に餌付け水槽で数か月飼育するスタイルなんでいらないんですよね、というより、ただでさえ餌止めや環境変化で弱っているときに追い打ちかけるような事はしたくないんです。

持ち込んだ病気で魚自体が死んだ経験はほとんどないし、薬浴するなら体力がついてから行うべきだと思っています。



話は変わりますが、多分明後日海へ行きます。

一年生さんの都合がつけば決行ですね、めぼしい魚がいたら採取しようと思っています。











最近本水槽の方は餌やりと状態観察だけやってますね(^^;

カクレが旅立った後の水槽、ほかのメンバーはそこそこ順調です、毎回代わり映えのしない水槽画像は割愛いたします。


今のところメンバーの入れ替わりもないので安定しているようです、しかし換水してから一か月以上経過しましたので明日位は換水しないといけないかな~と思っているところです(^^;


換水も私の場合は魚が入ったままで水槽壁面の掃除、水の抜き取り、循環させながらの水追加を行っています。


魚を別容器に取り出してするような事はしておりません・・・面倒だし、魚を傷つけたりするリスクもありますからね


それでも不織布のおかげで5分もすれば濁りも消えるし、30分すればピカピカに

実際海では漁港にもよくチョウチョウウオを見かけますが、波が高いときなどは何も見えない程濁っていますからね、あれに比べたら一時なので問題ないでしょう。


ですので換水も30分あれば完了します。


それよりも濾過槽に入れる水質、水温の急変が良くないと思っているので、循環させながら追加するやり方をしているのです。


しかし不織布も賛否両論ありまして、細かすぎて水没して溜まったものが腐敗するとか、使い物にならないとか言われる方もいるようです。

でも意外と批判したりする人は頭の中である一部の断面だけを繋げて考えたり、人からそう聞いたりして判断している人が多いんですよね、と言うか全部そうなんですけど

ただの空想なんです。


一辺だけを考えると、考えようによっては簡単に真逆にもなってしまうのですよね、そんな事って


結局腐敗する場所があっても、それはそれでいいんですよ、役割分担がきっちり出来ていたらうまくいくのではないでしょうか、あちこちで腐敗したりと曖昧なのが一番良くないと思っています。


ですので私の場合は空想はしないで全部自分で経験し、納得したものだけを採用し今の飼育方法で魚を飼っているのです。



そういえばスミツキが無事に5年越えました、一応はポリプ食ですかね

とりあえず一区切りつきました。

人工餌では難しいと思っていたミカドも普通に混泳で飼育してそろそろ二年になります。



しかし・・それにしても刺激が足りません・・・(^^;



やはり餌付け等の変化がないと刺激不足になってしまいますね、マゾなのか・・・(笑)

餌付け水槽も空回しっぱなしでしたが、かなり苔で汚れてしまったので先日掃除をしました。

そろそろ海にも行きたいし、1~2匹位は連れて帰ると思うので受け入れ準備です。


最近は家内と泊りがけで旅行する機会がかなり増えたのでなかなか海へ行けません、一年生さんもかなり忙しいみたいで先月お誘いした時は無理でした。


しかしちゃっかり抜け駆けはしていたようですが(笑)


今月は行ってみたいですね(^^)













2017.07.24 もうすぐ5年

P_20170722_132626.jpg


スミツキトノサマダイが後1月弱で5年になります。

サイズは全長13センチ程度でしょうか?あまり大きくなりません。

もともと大きくなる種類ではないようですが、海ではもうすこしは大きくなるのかもしれませんね

と言っても採取した時とすると何倍も大きくなっているので、順調に育っているようです。


小さい頃は体高が高いのですが、大きくなるとやや長めになるのがちょっと残念・・

でも綺麗な黄色にブルーの炭が鮮やかで、いい魚です。


P_20170722_132623.jpg

トノサマと比べると、黄色の違いが良くわかります、でもトノサマの美しさも引けを取ってません。

細いラインがないし、体高も高いのでトノサマに軍配が上がる点もあります。

P_20170722_132830.jpg


スダレもずいぶん大きくなりました。

いじめも、いじめられもせずに飼いやすい魚です。


P_20170722_132927.jpg


セグロは恐ろしい程大きくなってます。


P_20170722_132746.jpg


そういえばチビキンチャク、青い線が出てきません・・(^^;


P_20170722_132804.jpg


もう片方は標準的だと思うのですが・・


てな具合であまり変化がありません。

たまには新魚を!と言いたいところですが、来年次男が家を建ててくれるので、水槽の引っ越しもしないといけないし、大所帯になると色々大変なので大人しくしていようと思っています。


換水もかなりさぼりがちですが、今のところ病気もなく維持出来ています。

システム的には完成した感が・・濾材の掃除も全くしてないしとにかくタフな水槽です。



最近下品な輩も出没しなくなって平和になりましたね、そのうちポリプチョウにも再度挑戦してみようかな?(^^;







2017.06.29 SL人吉

又スポンサーサイトがついてしまいました(^^;


いけませんね、記事にすることがなくて更新もさぼりがち、

水槽の方は変わらずです、毎回ピンボケの写真載せていますが今回は割愛します。


久々に新魚を・・という気が全くわかずに・・こんな気持ちになるとは自分でも驚いています。


今は息子が家を建てる土地の分筆や造成を自分でやるつもりなので、そっちの方に頭が傾いている状況ですね(^^;


そういえば最近頭に残ったのは豊田議員の暴言事件でしょうか、あれは凄い(苦笑)

号泣会見もぼやけてしまうほどのインパクトがありました。

私にも思い出すと嫌になる失敗や恥ずかしい経験がありますが、あれに比べたら屁でもない

と感じてしまいます(笑)


号泣会見はパフォーマンスでたが、豊田議員のはうす汚い本性をさらけ出してますからもっと最悪です、恐ろしいです。


自分的にはパンダの赤ちゃんの記事を沢山放送してもらいたいところです。



最近又家内とドライブに行ってきました。

当地を出発して少し走った時にちょうどSL人吉と遭遇、写真を撮ってみました。


P_20170617_150927.jpg


P_20170617_152850.jpg


かっこいいですね~♪


これは人吉の矢岳駅に展示してあったものを整備して走らせてますが、この機関車を矢岳駅展示場から搬出する時にちょうど近くを仕事していたので、その様子を見たのを思い出します。

特殊なトレーラーに載せて陸送していましたね、後ろの車輪はリモコンで真横にも走行出来る代物でした、そうでないとクネクネの悪路を運搬することは出来なかったのでしょう、なお車両として認められない状態なので線路での運搬は出来なかったみたいです。


鉄道の知識はないのではっきりとは知りませんが、たしかこれはC31?かな

実は矢岳駅にはD51もあるんです。比べものにならないほどデカく感じますが、こちらも復活させようという計画もあったみたいですね、どうなったのかな?あの話は・・

DSC_2078.jpg



そろそろ海の日が近づいてきました。

今年は潜れるのかな?とモチベーションに不安を感じております(^^;


筋トレの方は益々頑張っていますが・・

一週間後に健康診断、いい結果が出ればいいのですが