2017.08.14 またもや自作
最近自作記事ばっかり書いております(笑)

お盆休みには海にとも考えたのですが、甥っ子の結婚式もあるし、休みも少ないので断念しました。

今回作ったのはアジャスタブルベンチです。
フラットベンチはありますが、トレーニングの幅が狭くなってしまうので、角度を調節出来るものをと思って作ってみました。

自作のベンチ台、とかでググッてみるものの参考になりそうな記事はありません。
以前作ったラットマシンにしても、参考になるものは一つもありませんでした。

そこであるメーカーが販売しているものをコピーする事に

買えば数万円のものですね、しかし自作の鉄則、安く作る!って事で穴あけ用のドリルやネジ等を買って、総額1600円程度でした。

後は廃材などを集めて作る事に、しかし今回のは少し込み入っているので図面を書いてみました。



先ずは胴体部分です。



背もたれになる部分の取り付け




なんだかんだやって骨組みが出来ました。





板を張って完成です。



こんな風にあらゆる角度が作れます。

今回はかなり面倒な作業でしたが、なんとか使えるものが出来ました(^^)


しかしトレーニング部屋が手狭になってきたので、器具の自作は打ち止めですね、パワーラックなんかは簡単に出来そうですが、置き場がありません(^_^;)


次こそは海水魚の記事にします(笑)
スポンサーサイト

先週自作したラットマシン、とても満足しています。

以前当地のジムに置いてあったラットマシンに近い使い心地で、広背筋、三頭筋にバリバリ効かせる事が出来ました。


良くスポーツパレスみたいな所に置いてるものはフワフワして使い物になりません・・・


しかし改良点もありました。


ウエイトを乗せる部分のシリンダーが円形だったので、ウエイトがクルクルと回ってしまうのです。

別に動作に支障はありませんが、せっかくなので改良してみました。


それと、下側にプーリーを取り付けてワイヤーを延長したら、シーテッドローやアームカールも出来るので追加することに(^^)



まずはシリンダー作成

6角形の鋼棒を見つけたので、それにあった枠を作りました。

鉄板をドリルで型に近い形に空けました。

P_20170806_090302.jpg


で、100円均一で買ってきたヤスリで形を整えてシリンダーが完成、これでクルクル回ることはありません(^^)


P_20170806_100527.jpg P_20170806_100531.jpg


次はプーリー取り付け

これを使いました。

P_20170806_121831.jpg


プーリーについては色々検討しましたが、500円と安価だし、鉄だしってことでこれ!

でも5kgまでしか対応しない・・・と表示はされておりますが、溶接で補強したら問題なさそうです。

P_20170806_164058.jpg

もっとも100kg越えの加重には???と思いますが・・(^^:

そんな重量では当分することはありません(笑)

P_20170806_155431.jpg

踏み掛け棒等追加して、シーテッドロー、アームカールが出来るようになりました。


乗ってきたのでプッシュダウンやアームカール等やる時のハンドルも作ることに、ハンドルの形状が変わるだけで、ずいぶんとトレーニングの質が変化したりするんですよね

P_20170806_145206.jpg

まずはロープのやつですね

P_20170806_144701.jpg

こういう金具を見つけましたのでロープを締め込み

P_20170806_144717.jpg P_20170806_145147.jpg

ねじ部分を切断して別の丸い部分を溶接して完了です。

P_20170806_154446.jpg

こんな感じです。




次にこれ

P_20170806_154353.jpg


長男坊が乗っていた三輪車のハンドルを使用しました(笑)

この曲り具合が絶妙で手にフィットします(^^)


P_20170806_150600.jpg


P_20170806_162301.jpg


レパートリーが増えました(^^)


P_20170806_112309.jpg P_20170806_115041.jpg


金具のみで固定していたワイヤーも編みこんで完成!


自作ってきついですが、楽しいですね(^^)











久しぶりに自作してみました。

と言っても水槽関連ではありません(^^;)


筋トレ器具です(笑)


バーベルやダンベルだけではなかなか鍛えにくい部分に利かせる事が出来るマシンで、前々から欲しかったのですが、購入したらチャチなものでも五万~六万円しますので、作れるものは自作してみました。

昨日は昼過ぎに仕事が終わったので、帰りに材料を買って取りかかることに

ワイヤーは700円、滑車は500円×2、雑材が1000円程でトータル3000円弱です。

四角い鋼材は前々から我が家にあった物、かなり薄汚いものですが、強度はあるのでケレンして使用

作業工程は時間も少ないし、必死こいていたので一枚だけです(^^;)



しかし、本当に溶接機は重宝します。

で、出来上がりは



ウエイトは板状のもので、ワンタッチで重量変えられるものにしたかったのですが、自作するには面倒すぎます。

なのでバーベルのウエイトをはめる構造にしました。



自作ベンチ台



自作スクワット台



デッドリフト




だいぶ充実してきました😁




2017.07.27 カブトムシ
我が家にはクヌギの木があります。



荒れ放題の庭なのですが.....(笑)
とにかく草の勢いについていけずにこんな状況です。


昨日の事、家内がお墓にあげる花を探しに庭をうろついていたら



『カブトムシの匂いがする!』



と言ってます。

カナブンでもいるのかな?

と思っていると



『やっぱりいた!』



とはしゃいでいます。


えっ?まじ?


と思い覗き込むと



本当にいました(笑)


子供の頃は大好きで、良く採集に行っていたし、やはり胸が高鳴りますね(^^)


昼間出て来てるから、夜争いに負けている個体なんだろうな?と思い、朝早く覗いてみると




こんなに沢山(^^)


何だか楽しみが増えました。
カブトムシ観察(笑)
2017.07.24 もうすぐ5年

P_20170722_132626.jpg


スミツキトノサマダイが後1月弱で5年になります。

サイズは全長13センチ程度でしょうか?あまり大きくなりません。

もともと大きくなる種類ではないようですが、海ではもうすこしは大きくなるのかもしれませんね

と言っても採取した時とすると何倍も大きくなっているので、順調に育っているようです。


小さい頃は体高が高いのですが、大きくなるとやや長めになるのがちょっと残念・・

でも綺麗な黄色にブルーの炭が鮮やかで、いい魚です。


P_20170722_132623.jpg

トノサマと比べると、黄色の違いが良くわかります、でもトノサマの美しさも引けを取ってません。

細いラインがないし、体高も高いのでトノサマに軍配が上がる点もあります。

P_20170722_132830.jpg


スダレもずいぶん大きくなりました。

いじめも、いじめられもせずに飼いやすい魚です。


P_20170722_132927.jpg


セグロは恐ろしい程大きくなってます。


P_20170722_132746.jpg


そういえばチビキンチャク、青い線が出てきません・・(^^;


P_20170722_132804.jpg


もう片方は標準的だと思うのですが・・


てな具合であまり変化がありません。

たまには新魚を!と言いたいところですが、来年次男が家を建ててくれるので、水槽の引っ越しもしないといけないし、大所帯になると色々大変なので大人しくしていようと思っています。


換水もかなりさぼりがちですが、今のところ病気もなく維持出来ています。

システム的には完成した感が・・濾材の掃除も全くしてないしとにかくタフな水槽です。



最近下品な輩も出没しなくなって平和になりましたね、そのうちポリプチョウにも再度挑戦してみようかな?(^^;